カードローンの仮審査と本審査は違うの?

キャッシングベスト3

カードローンの仮審査と本審査の違いってあるの?

カードローンの審査についてちょっと気になったので、自分なりに調べてみました。すると審査は仮審査と本審査の二段階に分かれていると説明されていて、その違いについても気になったのです。

だからお聞きしているのですが、この仮審査と本審査の違いとは何でしょうか?そもそも私は今まで単なる販売業しか経験した事が無くて、融資を受けた事も無いので審査が二つに分かれている必要性というのが、現状ではさっぱりだったりします。

別に知らなくても作れるかもしれないのですが、自分が使う物に関しては詳しく知っておきたいというのが、私の一つのこだわりみたいなものです。それに急ぎではありませんので。

だから、この本審査と仮審査の違いについて是非詳しい回答を期待しております。

大まかに言えば機械と人の目による審査に分かれています

カードローンに申し込んだ身からすれば、まあ大抵は「カードローンが出来るなら中で何が行われているか興味は無い」って人も多いっすからね。気になる情報じゃ無いとなかなか詳しく説明されないっていうのは、世の中の条理みたいなものっす。とはいえ全く違いが無いわけでも無いっすから、仮審査と本審査で行われている事について、自分がお答えさせてもらうっすよ。

まず申し込んで最初に受ける事になる仮審査っすけど、これは機械的な処理がされているっす。良く『申し込んで数秒には答えが分かる!』とか書かれているっすけど、そんなのは人の目だけじゃ絶対に無理っすからね。融資をするのに必要な、基本的な要素を機械で判断して、そこでとりあえず貸せるかどうかを判別している感じっす。いい加減に思えるかもしれないっすけど、かなりの精度で貸せる人とそうで無い人を分けるっすから、この時点でOKなら本審査も高確率で通ると言われているっす。

そして本審査は、仮審査をくぐり抜けてきた人を担当の人がその目でチェックする段階っす。仮審査で大事な部分は見たと言っても、やっぱり貸せるかどうか微妙だったり、或いは仮審査に虚偽の情報が含まれていたりする事もあるっすからね。そうした最後の大詰めを本審査で行っているわけっすから、もしも仮審査に通ったとしても、本審査で問題があれば落ちる事も0じゃないっす。

余談っすけど、こうした申し込みとは別に『とりあえず申込み前に通るかどうかを大体試したい』という文字通りのお試し診断も仮審査と呼ばれているっす。紛らわしいかもしれないっすけど、この仮審査と今回説明した仮審査では、ニュアンスが違う事を一応覚えておくっすよ。

【参考ページはこちら】
既にカードローンがあっても仮審査には通れる?

カードローン仮審査と本審査の違いはどこが違うのか

カードローン仮審査と本審査の違いですが、仮審査はあくまでも仮ですから仮審査が通っても本審査が通るわけでもありません。(こちらもご参考に→カードローン仮審査に関するオススメ記事

よく貸金業者のサイトにある仮審査のページで審査してみたら、お申し込み可能ですと出たから安心して申し込んだら、通らなかったという人がいます。あれは最初から申し込んでも駄目な人に審査結果を即に教えるだけで、本格的な審査まで進む人向けじゃないです。

それでカードローン仮審査と本審査の違いは本格的な審査が有るかないかです。仮審査は記入されたことを否定しないで審査しますが、本審査は記入されていることから審査が始まります。

名前、住所、自宅の電話番号、勤務先、他社の借入金額の合計など、記入漏れ、記入ミスが有るだけで、書類不備として落とされます。だから郵送で書類を送った時、字が汚くて電話番号がわからなかったか、番号を間違えられただけでも審査は通りません。

そして自宅に電話して本人確認を取ったり、勤務先に電話して在籍確認をします。それで問題なければ信用情報機関に借入れ情報を照会させます。このとき他社の借入額が記入より多かったら債務の管理能力が無いと判断され、厳しい所はそれでも落とします。

当然過去に金融事故を起こしていて払わないでそのままにしていたら記録が残ったままになって、それで落とされます。世間で言われているブラックの期間が終了すれば大丈夫という話とは、債務整理とか延滞のことでして、払わないで逃げたものはずっと記録に残ります。

仮審査では他社の借入額は合計だけですが、本審査は借入れ数もチェックします。3社までなら問題ないですけど、3社を超えると途端に厳しくなります。業種が違うから隠してもばれないと思えますが、昔はそうでしたが、今はお互いの信用情報機関を活用できるから、すぐに借入れ情報が分かります。だからそういう誤魔化しは通用しません。

カードローン仮審査と本審査の違いはチェックの厳しさです。仮審査はあくまでも仮でして、本審査は徹底的にやるということです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.