カードローン仮審査本審査の違いを教えて

キャッシングベスト3

カードローン仮審査本審査、どう違うのか教えて下さい

カードローンについて聞きたいことがあるので教えて下さい。それは、仮審査と本審査がどう違うかということなんです。どうしても欲しい時計が限定で売り出されることになったので、売り切れる前にお金を借りて買いたいと思って申し込みをしようと思いました。そうしたら、仮審査と本審査があることがわかったんです。

審査というのは一つかと思っていたので戸惑いがあり、それなら通るのかどうか、何が違うのかといろいろ気になることが出てきたんです。申し込みをする前にわかっていたら安心できそうなので、その違いが知りたいです。

仮審査では基本的な情報を、本審査では詳細を確認します

すごく簡単に言ってしまうのなら、仮審査は基本的な情報をもとに判断する審査、本審査はより詳細を確認するための審査と言えるのよ。それではまず仮審査で見ることからなんだけど、カードローン会社が借り入れ条件とする年齢に合っているか、それから収入があるかどうかということが確認されるわ。これはカードローンを利用するための本当に基本的な条件と言えるわよね。

収入がない場合は返済のしようがないから、無職で無収入の場合、専業主婦以外は借り入れは不可能と思った方がいいわ。それからもう一つ仮審査で重視されるのが信用情報、つまりこれまでの借り入れ履歴についてなのよ。これはカードローン会社にとってはとても大切な情報で、その人の信用度がわかるから、重視されるというわけね。

まず、審査に通らなくなるのは借り入れ件数が多い場合、それからすでに借り入れをしている金額が高い場合、過去に滞納や債務整理をしたことがある場合ね。仮審査を行う時には同時に信用情報を問い合わせる形を取っている会社が多いから、その結果お金を貸すことができないと判断されれば仮審査の段階で審査に通らないということになるのよ。

それでは本審査はどうなのかというと、もう少し踏み込んで、例えば先ほど問い合わせた信用情報と本人が記入している内容に違いがないか、申込書に書かれている職場で本当に働いているのかなどを、今度は人の手で確認していくことになるのよね。それから、お金が貸せるかどうかの判断だけではなく、いくら貸せるかということまで決めるのも本審査で行われることなのよ。

最近では派遣社員やバイト、パートでも契約できるカードローンはたくさんあるから、借り入れ条件の中に年収がいくら以上なければならないという条件がある場合は別として、年収が原因で審査に通らないということは考えにくいけれど、借入金額が変わって来るのは確かだわ。だから、本審査でそこまで見るということになるのね。
(⇒カードローンを利用できる職業に関するオススメ記事

以上のように、仮審査と本審査で見る項目に違いはあるとしても、カードローンが借り入れできる条件に違いが出てくるわけではないから、申込書の記入を正確にすることだけは忘れないようにして、審査に申し込んでみるといいわよ。

【参考ページはこちら】
カードローンの仮審査を複数受けるのはよくない?

カードローン仮審査本審査はどこが違うのか?

カードローン仮審査本審査はどこが違うのか?

仮審査は本審査を受ける前の予備審査でして、仮審査が通ったから本審査が通るという保証がなく、本審査で落ちる人が多いです。単純に仮審査は本審査の負担を軽くする為にやっていて、仮審査には絶対的権限は無いです。

仮審査は、書類的不備がないか、他社の借入残高が収入に対して多くないかとかをチェックします。そして社内ブラックかもチェックします。社内ブラックなら、その場で審査は終了です。

そして仮審査が通れば後は本審査です。本審査は書類の確認から始まります。書類に記述されている通りか、まずは在籍確認です。在籍確認が終わって問題なければ、次は信用情報機関に照会して借入れ状況をチェックします。この時、申告した他社の借入れ状況と実際の状況を比較して、数字があまりにも違っていたら、債務に対する意識が足りないとして、落とします。

借入れ状況を申告させてもどうせ調べればすぐ分かるのだから、申告させる必要はないのだけど、どれだけ借入れがあるか分かっていない人は、安心して貸せないと、こんなことまで審査の対象になっています。

他社の借入れ状況で延滞とかを確認してブラックだったら、必ず落ちます。延滞といって、3ヶ月以上滞納した場合記録として残りますが、返し忘れとかは記録として残らないから大丈夫です。そしてよくブラックは5年で消えると言われていますが、それは債務整理とかの話で、返さないで逃げたのはずっと記録に残ってますから、その逃げた分をすべて払って記録を消してもらわないとずっとブラックのままです。

借入れ状況をチェックしてブラックでなかったら、次は社内基準で判断です。この収入でいくらまで貸せるか判断して、貸せるなら審査は通過ですが、貸せない状態でしたら、これで落ちます。

仮審査はあくまでも自己申告でして、審査基準を満たしたといっても自己申告のレベルです。本審査は審査基準だけではなく社内基準も加わりますから、仮審査の何倍も厳しくなります。だから仮審査が通ったから本審査も通ると思わないことです。二つはまったく別物ですから。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.