カードローンの仮審査と本審査の違いを教えてください

カードローンを利用する時に、仮審査と本審査ってあるじゃないですか。これって両方受けないといけないものなんでしょうか。そして、これってどんな感じなんですか?審査っていうからには、やっぱり難しかったりするんですよね?まったくカードローンについて良く分からないので、教えて頂ければと思います。

仮審査は本審査を受ける前の簡単な審査で受けなくても大丈夫です

カードローンを始めて利用される方には、仕組みなどチンプンカンプンだったりしますね。仮審査と本審査があるのは事実ですが、仮審査に関しては、特に受けなくても大丈夫です。仮審査とは何かと言いますと、本審査を受ける前に、審査に受かるかどうか心配だという方が、仮審査で確かめてみる為に受ける、そのような審査となってます。

本審査と言うのは、審査をあちこち受けてしまうと、信用情報機関に審査を受けたとして情報が登録されてしまうのです。その事も考慮した上で、仮審査を設けてる会社も多いという事になります。

信用情報機関に審査を何度も受けてる情報が登録されてしまうと、申し込みブラックと言う状態になってしまいます。申し込みブラックとは、この人はあちこちの審査に落ちてるから、あまり信用情報の良い人じゃないんだなと言う事になってしまうのです。なので、あちこちの審査を受けるのは避けるべきでしょう。

アルバイトでとか、勤続年数が短くて…などと、審査に受かるか心配な方は、一度借り審査を受けてから本審査に臨むと良いでしょう。仮審査で大丈夫であれば、多少は安心して本審査に臨む事が出来るはずです。ただ、仮審査で大丈夫であっても、100%本審査で大丈夫だという訳ではありませんので、その点だけは注意が必要でしょう。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準についてもっと詳しく

カードローン審査での仮審査と本審査の違いとは何か

カードローン審査の時に、仮審査に通ってから本審査に進む事になりますが、仮審査と本審査の違いが何かと言うと、仮審査は審査を受ける資格があるかどうかの前段階のものであり、本審査は融資を受ける事が出来るかどうかの本番の審査になっています。(こちらもご参考に→仮審査に時間がかかるとカードローンは否決?

仮審査の時は人間の手によって判断されるものではなく、コンピューターによる判断で行う事になります、年齢であったり、現在の借金額のような情報をもとにして判断される事になりますから、数秒という短時間での判断が可能なものが仮の審査になっています。

本審査の時は仮審査で出した情報に嘘等が無いかどうかを人間が確認していく事になり、審査時に提出する書類等に虚偽が無いかどうかを在籍確認電話等をしつつ、金融情報を見て過去の借金、返済歴等を確認して、返済する力があるのかどうかをチェックして、最終的に融資可能かどうかを判断される事になり、仮の審査と比べると身長で時間がかかる事になります。

成人以上であり、他社からの借り入れ数も少なく、借金額も少なく、定期的に収入がある方ならば、審査に通る可能性が高くなり、逆に定職が無かったり、すでに借金がある方、または過去に返済時にトラブルがあった方は、返済出来ないと判断される事にも繋がります。

カードローンの審査は業者によって基準は違ってきますが、返済出来るかどうかを信用してもらえるかどうかが重要な事は共通しており、返済の能力が高いと見なされる方は、審査が通りやすくなりますし、返済能力が乏しい場合は審査が厳しくなり、カードローン審査に通らない可能性があります。

仮でも本番でもネット接続の環境とパソコンや携帯等の端末があれば、お店に直接いかなくても申込を行う事が出来る業者が増えており、審査だけでなく、キャッシング振込や返済も全部行える業者もありますから、非常に利便性が高くなっています、審査に通れば契約通りに確実に借金を返せるように計画的な利用を行えば良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.