仮審査のあるカードローンは通り難いのか

キャッシングベスト3

仮審査のあるカードローンって審査に通り難いの?通り易いの?

仮審査と本審査にきっちり分かれているカードローンって、やっぱり審査に通り難いのかな?審査きっちりする分、他よりちゃんと見てもらえて通りやすいってことになるのかな?

でも仮審査って書いてないとこの方が審査緩そうに見えるんだよね。仮審査とかがない業者を知ってるけど、誰でも貸してもらえるって言ってたよ。

仮審査とは書いてなくても殆どはちゃんと審査をしています

仮審査というのは正式名称という訳ではなくて、ただ審査を2段階に分けたその前半部分を仮審査、後半部分を本審査と言ってるだけなんです。多くの業者は仮審査、本審査という呼び方を採用していますが、他では一次審査と呼んだり、また特に本審査との区別をつけていない企業もありますよ。

でもそれならば仮審査がないのかというとそんなことはありません。一般に仮審査と呼ばれるものは、提出された申込書を受け付けて、その内容を機械的に診断することを指しているようです。ここでおおよその限度額を割り出して、それを申込みをした人に通知します。これが仮審査結果と言われるものですね。
(⇒カードローン仮審査に通ればほぼ可決?

ここまでは機械的な診断ですから、審査する側は余り手間がかかりません。非常に短時間で結果が出ますから、申込む方も借りれるか借りれないかがすぐに分かって好都合なんですね。時間のかかる本審査まで待たなくてもいいというのは、借り入れを急いでいる方にとっては非常に有難いことなんですよ。

借りれないと分かればすぐに次の対策を立てる事ができますし、借りれると分かれば一安心です。一日でも半日でも結果は早い方が嬉しいものです。この審査の前半部分は、実はどの貸金業者にもあるんです。申込書式を用意していないような業者は、いずれも安心して借りれる類の業者ではありません。安心できる業者には、必ず申込書に基づいた審査をする段階があります。

ただ「仮審査」と称していない業者は、大手よりも少し規模が小さいところが多いようです。そのため、一般よりも審査が緩い傾向があるかもしれませんね。しかし大手業者のように足切りをしないとういだけで、実際にはちゃんと審査は行われています。むしろ返済能力はより詳しく見極められているはずですよ。仮審査という表示がないというだけで、そこが審査に通りやすいとは決して言えないんです。

信販会社から電話があっても仮審査のあるカードローン

信販会社のカードローンを申し込むと、意外に審査が早く進み1時間程度すると審査結果のお知らせをする旨のメールが来ることがあります。あまりに早いので見過ごしがちですが、最近はコンピューター審査なので、問題なく審査ができる人は結果通知も早いのです。

信販会社からの電話を待っていると、融資限度額や利率の説明があり、場合によっては即日融資のお誘いもあります。このような話を聞くと、審査が終わっているのかと思ってしまうのですが、これはあくまでも仮審査であり確定していません。連絡があっても仮審査のあるカードローンなのです。

とはいえ、本審査ですることは運転免許証や源泉徴収票の内容と申込内容が一致しているかの確認をするだけですから、仮審査でほぼ確定していると考えて間違いはないでしょう。しかし申込内容と一致していないと再度仮審査が始まることがあり、時間がかかるケースもあります。また、在籍確認の電話も本審査の手続きの一つです。

これらの本審査は、従来運転免許証等のコピーを信販会社に送ることで対応していました。しかし最近即日融資のサービスを提供している信販会社が増加しており、郵送での確認は現実的ではなくなっています。そのため、スマートホンの写真やパソコンのスキャナーの画像をメール送信する方法で確認する方法が増加しています。この方法であれば、すぐに信販会社側も確認することができます。

在籍確認については、利用者から不評であることから信販会社側もできるだけ回避する方向に変わっています。ただし、実際に働いている事実を確認する必要があることには変わりなく、ただ単に健康保険証を確認するだけでは在籍確認の代わりにできないと考えている信販会社も多いです。この場合、本審査で確定するまでに若干の時間がかかります。

このように仮審査のあるカードローンは、申込内容だけでは契約の確定ができないということが理由なのです。個人信用情報機関のデータはありますが、やはり現物確認が大切なのです。

【参考ページはこちら】
カードローンの仮審査はどんなところを見るの?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.