個人事業の準備にカードローンは使える?

キャッシングベスト3

個人事業を始める前の準備にカードローンを使えるか?

個人で事業を始めようと決心しました。その為に資金を貯めていますが、いくら貯めても怖くて踏ん切りがつきません。きっと軌道に乗る自信のある事業ではあるのですが、その準備と事務所を準備する資金などを考えると、怖くて仕方がありません。どうしても必要なのが、金づるであると実感しています。

そこで、カードローンに頼ろうと思っているのですが、どんなのがありますでしょうか?

銀行系ならば、金利が安いと言われているわね

確かに個人事業者にお金を貸すという事に関して、非常に厳しかった時代があったわ。でも最近、総量規制の対象外となったから、個人事業者を対象としたローンも現れたくらいよ。一見すると、ハードルが高そうに思えるのかもしれないけれど、審査に通れれば、非常にありがたいものだと言えるわね。

まずは、アドバイスね。ローンやキャッシングを利用するならば、会社員のうちにカードだけでも作っておくことをおススメするわ。カードを作っておけば、安心よね。それから、お金を借りたならば、返済するまで借りたというストーリーは完結しないという事を見に刻んだ方が良いと思うわ。

個人事業主としてお金を借りるならば、どこもかしこも、返済の計画を提出することが義務付けられているわ。お金を貸すのに、貸し倒れのリスクが高い所に融資はしないわよね。逆に、お金をちゃんと返してくれるような所には、喜んでお金を貸してくれるわ。

とはいっても、返済計画書は、適当な書類じゃ大抵通らないわね。計画を曖昧に、どんぶり勘定でしちゃうと、後で必ず資金繰りで苦しむ羽目になるわ。

個人事業を始める前にカードローンを作る利点

カードローンとは、消費者金融や銀行が個人顧客向けに提供している無担保融資サービスです。カードローンの利用者はカード会社から発行されたキャッシングカードを使うと、利用限度額の範囲内であれば自由にATMでお金を引き出す事が可能です。例えお金を一切持っていない状態でもお金を借り入れる事が出来るため、急な資金ニーズに対応できるのが魅力です。

但し、カードローンは誰でも自由に使えるというわけではなく、カード会社が行う審査に合格する必要があります。カード会社は審査において利用者の収入状況や資産保有状況をチェックし、債務返済能力があると認めた場合においてのみカードの発行を行っています。従って、無収入であったり他社から借金をしているような人はカードの発行を受けられないこともあるのです。

このように、キャッシングカードの発行を受けるためには、収入条件や資産保有条件といった所定の条件をクリアする必要があるため、将来的に利用する意思があるのであれば、この条件を満たしているうちに発行を申し込むのがお勧めです。

例えば、近い将来サラリーマンを辞めて個人事業を開始しようという人は、事業を始める前に申し込んでおくと良いでしょう。個人事業を始める前にカードローンを作っておいた方が良いという理由は、個人事業の場合、サラリーマンで企業勤めをしていた時のように収入が安定しない可能性があるからです。

ビジネスがうまく軌道に乗ればよいですが、一般的に起業してから安定した収益を創出するまでには一定の時間を要しますので、ビジネスが軌道に乗るまでは最悪無収入であるという事も考えられます。個人事業を開始したものの、無収入の状況が続いている場合には、カードローンに申し込んでも審査ではじかれてサービスが利用できない可能性があります。

この点、サラリーマンとして企業勤めをしている時期に申し込みを行っておけば、サービスを利用することが可能なのです。そしてそのカードは起業間もない苦しい時期に活用する事が出来るのです。
(⇒カードローンと職業の関係について教えて

【参考ページはこちら】
会社経営者はカードローン審査に通りにくい?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.