会社経営者はカードローンが通りにくい?

キャッシングベスト3

会社経営者はカードローンが通りにくいって本当なんでしょうか

私は中規模の会社を経営している者ですが、今度カードローンを申し込もうと考えています。会社に関係するお金ではないんですが、近々家族旅行を計画していて、予算内に収まりそうにない分をカードローンで補おうと考えているところです。ですが、個人事業主や会社経営者はカードローンが通りにくいと聞いたこともあり、困っています。それは本当なんでしょうか。

経営する会社の経営状況や会社の規模にもよります

会社として事業資金の借り入れをする場合は、個人事業を経営しているよりも法人となっている方が信用力があるというのは本当です。ですが、今回のケースのように会社の事業費を借り入れするのでない場合、その会社の規模や現在の経営状況、それから業務内容が関わって来るので、場合によっては会社経営者の借り入れが難しくなることがあるのは本当です。

カードローンを利用するためには、安定した収入が継続してあることが必要となります。そのため、会社の経営状況によって収入が不安定になっている場合や、不景気の時期にちょうど影響を受けやすい業種で会社の経営が上手く行かなくなっているなどの事情がある場合、カードローンを利用するのが難しくなることもあります。

逆に、規模が大きい会社で経営が安定しやすい、中小企業でも安定した経営が続いているなど、継続した収入が見込める場合には問題なく借り入れをすることができます。そのため、カードローンに通りにくいかどうかは状況によって変わって来るということになるんですね。

しかし、不安定な状態でも、借り入れがしやすいカードローンというのは存在しています。中には個人事業主を対象としてお金を貸している会社もありますから、同じような条件である、中小企業の会社経営者でもお金が借りやすいと考えられます。

ただし、個人として使うのではなく、会社の事業資金としてお金を使う場合には法人化している場合は利用できないなど、カードローンでは制約が出てくることもあります。そういうときには、カードローンではなく銀行などの事業性ローンを利用するという選択も必要ですね。

ですが、カードローン会社によっては個人事業主でも法人でも使えるビジネスのためのローンを持っているところもありますので、お金を使う目的によってカードローンにするのか通常のローンにするのか、また借り入れ先をどこにするのかを選んで利用することが大切だと言えるのです。

【参考ページはこちら】
個人事業主・自営業者がカードローンを使う場合

会社経営者は人知れずカードローンを1枚持っています

内情を知らない人が会社経営者の生活ぶりを見ていると、平日は高級車に乗って出かけ、休日は高級ゴルフコースでゴルフ三昧とうらやましい限りです。人によっては会社のお金で建てた豪邸に住んでいる人もおり、たまにはパーティーを開いたりしています。

しかし、会社経営者はただ遊んでいるわけではありません。平日は得意先を回って営業活動をしていますし、同時に接待の約束を取り付けたりしています。休日のゴルフのほとんどは得意先との接待ゴルフですから、気を使うだけで楽しくはありません。会社のお金で自宅を建てていますが、得意先を接待のために呼ぶこともあり必ずしも自分の自由に使えるわけではありません。

このような会社経営者は、役員報酬が1000万円単位と非常に高く、カードローンを申し込むと大型カードローンでも上限までの利用限度額を設定してもらうことができます。そのため、多くの会社経営者はこのようなカードローンを申し込んでいます。しかし、自分たちの好き勝手に使えるわけではないのです。

会社を経営していると、景気のいい時もあれば悪い時もあります。業績の悪い時に取引先が1件でも倒産すると資金循環が滞り、自社が倒産します。会社が倒産すると会社のお金で建てていた家からも追い出されますし、当然車も取り上げられます。更に多くの場合、社長の個人資産を借入金の担保に入れているため、無一文となってしまうケースが少なくないのです。

このような事態を防止するため、当座の資金は個人的に蓄えていますが、ちょっとした資金繰りの悪化に備えてカードローンを契約しているのです。万が一資金繰りが悪化したら会社経営者自身のカードローンで資金調達し、これを会社に貸し付けるという経理処理をしています。それなりの利息支払が必要になりますが、ほとんどの場合社長の自腹です。一見うらやましくも見える会社の社長さんの生活ですが、舞台裏はそれほど甘いものではないのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.