カードローンには組みやすい・にくいある?

キャッシングベスト3

組みやすいカードローンとそうでないところってありますか

カードローンを使うことを考えています。どうしても欲しいマンガを見つけたので、これまで出ているものも含めてまとめて買おうと思っているのですが、巻数が多くて合計したらかなりの金額になることがわかりました。でも、どうしても欲しいんです。

だからお金を借りようというわけなんですが、せっかくそう決めたのにローンが組めないとなるとかなりがっかりすることになりそうで。少しでも組めない可能性を減らしたいんです。組みやすいカードローンとそうでないところってあるんでしょうか。もしあるのなら、慎重に借り入れ先を選びたいので教えて下さい。

組みやすいところとそうでないところはあります

一口にカードローンと言っても、それぞれの会社にそれぞれの特徴があるものなのよね。金利の低さを売りにしているところもあるし、審査の甘さを売りにしているところもあるし、申し込みや借り入れ方法の多様性を売りにしているところもあるという感じね。だから、組みやすいカードローンとそうでないカードローンというものはどうしても出てくるのよ。

あなたの質問内容からすると、組みやすいというのは審査に通りやすいという意味に受け取れたんだけど、それでよかったかしら。審査基準って、全体に向けて公表されているものではなくて、その会社ごとに独自の基準を持っているものなんだけど、たとえばパートやアルバイトの収入でも借り入れができるところもあればそうでないところもあるというように、審査の通りやすさは違っているものなの。
(⇒カードローンと職業にはどんな関係がある?

とはいえ、多くの会社では安定した収入がある人ということと、年齢の制限を満たしていれば借り入れはできるものなのよ。でも、一部の銀行の商品には年収がいくら以上の人でないと利用できないとか、公務員の人しか利用できないとかいった条件が付けられている商品も存在するから、そういう商品は条件を満たしている人しか利用できず、組みにくいローンだと言えるわよね。

だけど、その分金利が優遇されていたりするから、条件に合う人にとっては利用しやすいローンと言える場合もあるの。だから、どういう立場からローンの組みやすさを考えるかが重要になるわね。あなたが言うようにローン自体が組めない可能性を減らしたいという意味で組みやすいローンを探すのなら、審査が甘いと評判のところから借り入れをするといいわ。

そうでなくて、金利が低いところの方が返済がしやすいから組みやすいローンだと考える人なら、少しでも金利が低いところを探せばいいということになるの。店舗が近くにないから、ネットでの申し込みに対応している方がいいという人にとっては、申込み方法が多様なローンが組みやすいローンということになるわ。

だけど、どんな立場から見たとしても、組みやすいローンとそうでないローンというのが出てくるということはわかってもらえたんじゃないかしら。まとめてみると、あなたにとって組みやすいローンというのがどういうものなのかがわかったら、その条件に合った会社を選んで借り入れをすればいいということになるのよ。

【参考ページはこちら】
審査の緩いカードローンを利用したい方にオススメ記事

返済計画のシミュレーションが組みやすいカードローン

カードローンを利用するときには、シミュレーションがしやすく、返済計画を組みやすいカードローンを利用するのがおすすめです。カードローンの返済方式は残高スライドリボルビング払いといって、あらかじめ業者側が利用限度額を決めておき、借入残高に応じた毎月の約定返済額を返していくと言うものになります。

借金の金額に関わらず、限度額の範囲内で毎月の返済をしていれば、それ以外の追加借入や繰り上げ返済は自由にできるというシステムです。利息をできるだけ早く返したいという場合には、日割り計算で利息を算出していますので、早めにまとまった金額を繰り上げ返済することでかなり安くすることができます。

しかし、多くの人はこの使い勝手の良いシステムゆえに逆の行動に進んでしまいます。つまり、必要が生じたときに現金をどんどん借り入れてしまい、気がついたら限度額いっぱいまで借入が膨らんでいるというケースです。

気軽に利用できると言うことから少額を何度も借入していた結果、それが積もって限度額いっぱいになるまでの期間は数ヶ月程度です。借入額が増えると、借金の残高が膨らむということはいうまでもありませんが、上記の残高スライドリボルビング払いという方式により、毎月の返済金額もかなり高額になってしまいます。

元々借り癖がついてしまい、節約をするという意識が薄れかけているところに高額の支払いが毎月のしかかってくるとなると、大抵の人は債務超過になって返済できなくなります。支払いが遅れると、利息よりももっと高利の損害金がついてくることになりますので、この段階まで行くとほぼ確実に破産などの手続きをとらなければならなくなってしまいます。

シミュレーションのシステムがついているようなカードローンを利用すると、こういった事態に陥る前に自分の返済月額や借入残高がすぐに分かりますので、ある程度セーブしながら借り入れをすることができます。上手に利用するととても便利ですので、活用しましょう。
(⇒カードローンを利用するメリット・デメリット

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.