新生銀行のカードローンレイクは審査があまいのでしょうか?

新生銀行のカードローンであるレイクを利用したいのですが、ここは審査が甘いのでしょうか?

最初、私はレイクというのが元は消費者金融とは知りませんでした。ただ新生銀行を利用していたユーザーだったので、それで新生銀行のカードローンを作りたいと思った時に、このレイクを知ったのです。それでレイクについてちょっと自分なりに調べてみた結果、レイクが元消費者金融であると知ったのです。知ったからと言ってどうってことは無いかもしれませんが、銀行カードローンが元消費者金融っていうのは、私にとってはちょっと以外でした。

そしてレイクは元消費者金融なのだから、審査が甘いのですか?消費者金融はどこも審査が甘いと聞きますので、レイクも銀行のサービスとは言え元消費者金融だから、甘いのでは無いでしょうか?その方がカードローンを発行しやすいという事で、私にとってはなかなか都合が良いとも言えます。レイクの審査について誰か教えて下さい。

そこまで厳しくは無いですが銀行カードローンである事に注意です

レイクというと今でも消費者金融であるという印象が強いわね。事実としてレイクのスタッフもそのまま新生銀行で働いているし、契約機だって続投しているから消費者金融に思われても無理は無いかもしれないわ。それでも本当は銀行カードローンと言うべきなのだけどね。

それで銀行カードローンは消費者金融よりも審査が厳しいと言われているし、かと言ってレイクは元消費者金融なので審査も難しくはないのでは…とどちらなのか判断が難しい側面があるわね。それで結論を言うのなら、銀行カードローン自体が昔に比べて作りやすくなったと言えるのだけど、レイクもそこまで難しいというわけでは無いわね。

レイクの金利を見てもらうと分かるけど、一番高い状態だと、他の銀行に比べてちょっとだけ高いと思わない?この一番高い状態の金利を上限金利として、他の多くの銀行カードローンの金利と比較すれば、やや高めというのが分かるわ。

金利が高いというのは元々返済が難しそうな人に貸し付ける為のリスクとして設定しているのだけど、レイクもそういう金利を設定している以上、他の低金利な銀行に比べて借りやすいと推測できるわ。一番低い状態だと他の銀行と大差無いけどね。

それにかつてのレイクのノウハウをそのまま新生銀行は吸収しているから、借りやすいカードローンである可能性は高いわよ。だから大丈夫と言いたいけど、一つ注意したいのは銀行のカードローンでもある、って事ね。

新生銀行のサービスの一部である以上、銀行として見ている部分があるのもまた事実だわ。全て吸収したレイク任せとは言えない以上、消費者金融の頃と同等に借りやすいとも言えないから、あくまでも『レイクは銀行カードローンの中だと借りやすい』くらいに思うのが良さそうね。

【参考ページはこちら】
レイクのカードローンでお金を借りたい方必見のオススメ記事

カードローンレイクは審査があまい?か気になる方への情報です

カードローンを使って融資を受ける場合には必ず審査を受けないといけないので、審査の基準が厳しいかどうか大切なポイントであると言えるでしょう。

新生銀行グループのレイクの審査通過率は35.6%となっており、銀行が行っているカードローンの中で高い通過率となっています。

他の金融業者が行っている審査の条件であれば、年齢は60歳までであるとか、65歳までという条件が最も多いものとなっていますが、レイクの申し込み条件は満20歳以上~70歳以下となっていますので安定した収入があれば年配の方であっても利用することが可能であるという点が特徴になっています。
(⇒カードローンの年齢制限に関するオススメ記事

雇用形態も条件として問われていないので、アルバイトやパート、年金生活者、学生、自営業をしている方、外国人の方であっても申し込むことができるので、他の金融業者と比較してカードローンレイクは審査があまい?と質問された場合、審査が甘いと言えるでしょう。

借入れの審査には担保や保証人も必要なく申し込みをすることができ、必要な書類は運転免許証、パスポート、健康保険証、外国人の方の場合は永住者証明書が必要になるますので用意しておきましょう。

カードローンのレイクは借入れの希望限度額が100万円以下であれば、源泉徴収票などの収入を証明する書類の提出が必要ありません。

レディースレイクのサービスも行われており、女性に対する融資も積極的に行われており、専業主婦であっても借り入れることが可能です。

新生銀行カードローンのレイクは、銀行が行っているカードローンサービスですので、総量規制の対象とならないので借入れしやすいカードローンになっています。

借入れの審査に不安を持っている方は、レイクのホームページ上にあるお借入れ診断を利用すれば生年月日、他社の借入れ件数と借入れ金額、年収の4つの項目を入力することによって、融資の実行が可能かどうかの仮審査の結果を知ることができるので、申し込みを行う前に試してみることをおすすめします。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.