自営業してるんですけど銀行カードローンって利用可能でしょうか

自営業してる場合って、銀行のカードローンを利用するのはやっぱり厳しいのでしょうか?資金繰りが厳しくなってきて、生活費としてお金を借りたいと思ってます。もうちょっとで立て直しが出来そうなので、それまでの間をしのぎたいと思ってるので、どうにかならないでしょうか。

自営業の方でも銀行のカードローンは利用可能ですよ

自営業の方は、なかなか審査に通りづらいと言われてますね。自営業と言う事は、来月どうなるか分からないような状態であるという事から、そのように言われています。アルバイトの方よりも、信用度合が低いなどと言われたりしますが、やはり、毎月の安定した収入がある方の方が審査に通りやすいというのも事実です。
(⇒カードローンと職業の関係を教えて!

ただ、どこでも審査が通らないという訳では無く、勿論審査に通りやすいカードローンなども存在しています。審査に通りやすい、審査が甘い銀行のカードローンを利用する事により、銀行のカードローンも利用可能となります。

今までカードローンなどを利用して、返済の遅延などをしてしまってる場合には、借りるのが厳しくなってくるかもしれませんが、そうでは無い場合でしたら、借りられる可能性も普通にあるので、審査に申し込んでみるのも良いでしょう。

なるべく審査が甘いと言われてる所を探して申し込みをする事で、借りられる可能性がアップするので、まずは審査の甘い所を探して審査を受けてみる事をお勧めします。自営業との事なので、毎月の収入は安定してないと思われるので、収入を低くみつもって生活する癖をつけていくと、安定した家計を作る事が出来るのではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
自営業者のカードローンは審査が厳しい?

自営業者が利用できる銀行カードローンの利点

銀行が個人の消費を目的として用意しているカードローンは、運転免許証や健康保険証等の身分証明書一点だけで審査に申し込む事が出来ます。担保や保証人は不要であり、審査前の準備に時間を取られてしまう事はありません。お金が足りないと感じた時に、すぐに行動を開始できるシンプルな内容です。

銀行カードローンの申し込み条件は細部においては違いがありますが、20歳以上で安定した収入を持つ人というのが一般的です。安定した収入を持つ人の中には、アルバイトや自営業者、派遣社員も含まれています。毎月指定の金額を返済するというのがルールなので、これを継続できる能力を備えているかが条件となるからです。毎月継続的に一定の収入を得ているのであれば、利用する事が可能です。

銀行カードローンの審査は、信用情報機関への照会が中心です。信用情報機関には多数の業者が加盟しており、利用履歴等の情報が共有されています。このために短時間で、申し込み者の利用状況について銀行は把握する事が出来ます。短時間審査が可能となるので、急ぎのお金が必要な時の利用に向いている商品内容となっています。

審査において、重視されるのは年収と他社借入残高です。他社借入残高が多くなるほど審査に通る確率は低くなります。このように審査の対象が個人の経済状況に限定されているので、事業規模や収益は調査される事はありません。規模の小さな企業に勤めていても利用できる理由です。これらについての調査が行われていない事から事業性資金での利用は認められていないケースが大半です。

自営業者も銀行カードローンを利用する事は出来ますが、事業目的での利用は認められていません。あくまでも個人的な利用に限定されています。個人的な利用については制限のないフリーローンであり、生活費や旅行、買い物、飲食等の様々な目的で使う事が認められています。すぐにお金を借りる事が出来る事と自由に利用できる事が、銀行カードローンの利点と言えます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.