借金踏み倒しの時効はホントにあるのか

キャッシングベスト3

【Q&A】借金返済踏み倒しの時効はあるのか?ホントに?

Q.借金返済を踏み倒すと、時効になって返済しなくてよくなるってホントですか?カードローンを利用し始めて2年経ちますが、そんなことができるとは、これまで知りませんでした!

A.時効というのは、犯罪ドラマでもテーマになるので知っている人も多いだろう。例えば殺人を犯したとしても、時効まで逃げ切れば罪に問われなくなる。同じようなことが、借金でも可能だと聞けば、すぐにこんなドラマの筋書きが頭に浮かんでくる人は多いんじゃないかな?

でも、借金を踏み倒した場合、このような犯罪の時効とはまた違う面もあるんだ。まず、消費者金融や銀行からお金を借りている場合、その時効は5年。さて、この期間を聞いてどう思う?「え!たったの5年?」って思う人もいるかもしれないね。でも、実はこの5年が曲者!というのも、この借金の時効は、途中でリセットされることがあるからなんだ。

犯罪ドラマの時効では、犯罪者は正体を隠して、その期間ひたすら逃げるだけ。ま、それだけでも十分大変なんだけど。でも借金の場合、これに加えて、この時効のリセットがあるために、5年どころか、7年、8年、10年と逃げ続けなくてはいけなくなる。しかも、リセットがかかったことに気づかず、時効だと思ったらまだだった、なんてこともある。

このリセットには数種類あって、その中でもよくあるのが、返済に応じてしまうこと。例え1000円でもいいからと言われて返済してしまうと、またそこから5年がスタートする。また、返済に応じず頑張っていたとしても、業者側から裁判を起こされたりすると、そこでまた時効は中断してしまう。

このように、ただ逃げてればいいというものでもないのが、借金踏み倒しの時効なんだ。勿論、逃げることも必要だから、通常の生活はできないだろう。業者の方は、日常のお仕事の一部として給料を貰いながら、淡々と手続きや督促をしてればいいだけなんだが、逃げる方は人生をかけて逃げなきゃいけないので、随分と分の悪い勝負だと思えてくるよね。

ただし、踏み倒し目的で時効を利用するという人ばかりじゃない。ずっと昔にサラ金などでお金を借りていて、返済せずにいたら督促もなかったので、そのまま放置していたというようなケースがある。それが、何かのきっかけで急に返済するよう請求があった場合などは、このような時効を使って対処することができるんだ。

長い空白期間の間に、利息がついてとんでもない額になっていることもあるので、そんな場合には、この時効を使えないと大変なことになるよね。昔借りていたお金について、急に請求された場合には、是非この時効のことを思い出して欲しい。その場合は、難しい手続きもあるので、すぐに司法書士や弁護士に依頼するのが得策だ。

どうしても返せない…借金返済踏み倒しの時効はあるのか?

キャッシングで借りたお金は、当たり前のことですが最終的には利息を含めて全て返済するべきものです。それはわかっていても、お金が返せないような状況に追い込まれてしまう可能性というのは誰にでもありえるものです。そんな時、『この借金を踏み倒してしまうことはできないか?』と考えてしまうこともあるかもしれません。実際問題として、借金の返済踏み倒しが認められる、いわゆる時効というのはあるのでしょうか?

結論から言ってしまえば、借金の返済踏み倒しには法律上5年という時効がもうけられています。ただし、この時効を成立させるのは決して簡単なことではありません。借金踏み倒しの時効成立の要件として、主なものが2つあります。たった2つじゃないか、と思うかもしれませんが、この2つがかなり難度の高い条件なのです。ここではその借金返済踏み倒しの時効成立のための2つの要件について詳しくご説明します。

まず1つ目の要件は、5年間の数え方に関するものです。この5年というのは、ただ単にお金を借りてから5年たてばすんなり時効を迎えるというものではありません。そもそも5年の数え始めの時期からして、借金の返済方法やタイミングによって変わってきます。

そしてさらに重要なのが、その時効までの間に借りた側、貸した側、どちらともその借金に対して一切の働きかけをしてはいけないということです。貸した業者が正当な手続きを踏んで返済の督促をしたり、あるいは借りた側が借金をたとえ1円でも返済したり、それでなくても借金があることを認めてしまうだけでもいけません。とにかくその借金を取り巻く状況が少しでも動けば、その時点で時効はふりだしに戻ってしまうことになります。

そして無事に5年という月日をやり過ごすことができたところで、もう1つの要件である時効の援用を行わなければなりません。時効の援用というのはつまり、『借りたお金を返しません』と業者に対して書面などの形で通達することです。ただし万が一、実は時効が成立する条件をまだ満たしていなかった場合、またそこでふりだしに戻ってしまうということもあり得ないことではありません。そのリスクを考えると、時効の援用に踏み切るにもかなり慎重さが求められます。

以上のことからわかるとおり、借金の踏み倒しを本当の意味で成功させるのは決して楽な道のりではありません。もしも借金の返済が難しくなってしまった場合は、まず業者か、もしくは弁護士などの専門家に相談し、その時点でのベストな対応を考えてみることをおすすめします。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.