【ご質問】親に借金してもやっぱり借用書は必要ですか?

Q.子供の教育資金に、実家の親にお金を借りようかと思っています。親も貸してあげるよと言ってくれているんですが、やっぱり借用書とか、ちゃんと作った方がいいんでしょうか。

A.お金を借りる場合、まず親など身内から借りようと考える人も多いよね。でも、案外トラブルが多いってことも忘れないで。身内だから安心っていう考え方もできるけど、一方で、身内だけにこじれると半端ないっていう話も聞くよね。

相手が親だけに、こっちとしては甘えてしまう気持ちがあるのも逆に心配だよな。今回は返済がしんどいから止めとこうとか。そのうちズルズル返済しなくなってしまったり、けじめの無い結果になってしまうと、それがきっかけでトラブルになるかもしれない。配偶者や、他の兄弟との関係もあって、お金のことは身内でも結構気を使うもんだよ。

そういう心配もあるから、身内であってもお金のことはきっちりしておかなくてはいけないという意味で、やっぱり借用書は必要だろう。また、金額にもよるけど、贈与税対策ってこともある。様々な意味で、正式な書面を残しておくことは大切だね。

借用書というのは、借りる側が署名捺印して、貸す側に渡しておくもの。両方が保管するものは契約書と言うんだ。借用書や契約書に記載する事項としては、元金の金額、利息を取る場合はその金利、返済日、返済方法、返済できなかった時のことなど、後々のトラブルがないよう、お互いの間でしっかり取り決めをしておきたいね。

しかし、このように書面を取り交わしていても、身内からお金を借りるっていうことは、案外気兼ねなものじゃないかな。もしも親が困っていれば、返済を急がねばならないだろうし、安心して借りれそうで、実はそうでもないことも多いんだ。業者じゃないだけに、借りながら相手のことも常に心配してなきゃいけないのが、身内の借金の面倒なところだ。

そう考えると、借用書を作る手間を考えるだけでも、むしろ業者を使った方がいいんじゃないかって思えてくるよな。業者ならば何もかも揃ってる訳だし、こっちは申込するだけでいいんだからすごい楽。この手間とエネルギーと時間の節約って大きいよ。

借用書とかで頭を痛めることもなく、契約書も署名するだけでいい。契約についてはあちらに全てお任せで、気をつかう必要もなく、後はしっかり返済していくだけでいい。余計なエネルギーを使わないで済む分、利息を支払っていると思えば、これを高いと思うこともないんじゃないだろうか。

返済方法にしても、約定返済を基本に、返しやすい形が整えられているし、返し忘れのないようにメールでお知らせまでしてくれる。正に至れり尽くせりだよ。何と言っても、顧客という立場っていうのが嬉しいよね。返済さえしていれば、一切気を使う必要がないんだから、こんなに気楽なことはないよ。

親など身内からお金を借りる場合、タダ同然の安い利息で済むかもしれない分、ずっと気を使ってなきゃいけなかったりして、精神的な面も含めるとかえって高くつく可能性もある。こんなふうに、あっさりと業者を使うのも、選択肢に入れてみてはどうだろう?

親に借金で借用書をつくるより、キャッシングのが気楽かも!?

急ぎでまとまったお金を用意しなければならない、でもそんな金銭的な余裕はない…こんな時、どうしますか?真っ先に思いつくのが『借りる』という手段だと思います。ただ、それにしてもどこから、あるいは誰から借りるかというのは大きな問題ですよね。いろいろ選択肢はありますが、現実的に考えれば、親に借りるという答えに至る人が多いのではないでしょうか?

たいていの人にとって、親というのは精神的にも経済的にももっとも頼りやすく気の置けない存在であることは確かです。しかし、お金を借りるという行為においてはそれがベストな選択であるかと言えば一概にそうとは言えないかもしれません。

お金の関わることというのは往々にして、たとえ親子兄弟の間でもトラブルを招きやすいものです。例えば最初は貸したお金を返さなくてもいい、余裕のある時に返してくれればいい、と言っていたのに、後になって事情が変われば急に『早くあのお金を返して!』なんて言われてしまうことも珍しくありません。それを未然に回避するために、借金をなあなあにせずきちんと借用書をつくっておくのも1つの手ではあります。しかしそこまでしてしまうと、かなりおやこの間で借金というものが重たく大きな存在になってしまうでしょう。

一方、まったく別の方向の選択肢として、お金をキャッシングなどの個人向け融資サービスを利用して用立てるという方法があります。気持ちの面や、利息がかかるなどの金銭的なことから、こういったサービスを利用することに抵抗を感じる人は少なくありません。しかし実は。親に借りるよりもキャッシングでお金を借りた方が、精神的には楽になる可能性が高いのです。

キャッシングで借りたお金には、確かに利息がかかりますが、返済は自分の都合に合わせてある程度自由にプランを建てられますし、急に相手の都合で変更になることも基本的にはありません。また、家族間のように情が絡んだり普段の付き合いがあるわけでもなく、完全にビジネスライクに借入から返済までの手続きが進んでいきます。したがって、借金があることで余計な気を遣ったり、負い目を感じるようなことも一切ないのです。

お金が原因で、それまでうまくいっていた親子の関係が変わってしまうことは、残念ながら現実にあります。借金というのはそれだけリスクのある行為なのです。無用なトラブルを避けるためにも、お金を借りる必要があるなら、キャッシングなどのサービスを積極的に利用することをおすすめします。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.