お金を借りる人には貯金がないんだろうか

キャッシングベスト3

【教えて】お金を借りる人って貯金ないのか?どうして借りるの?

Q.キャッシングを使ってる人って貯金ないの?なんでお金借りるのか不思議。なるだけ自分のお金を使って、他からは借りない方がいいと思うんだけど。

A.キャッシングって、使わない人は絶対使わないもの。そういう人にとっては、お金を借りる人の気持ちがよく分からないってことがあるんだね。でも、逆に借りている人にしたら、なぜ我慢ばかりしてお金を借りないんだろう?って思ってるかもしれないよ。キャッシングは、何かの目的でまとまった多額のお金を借りるんじゃなくて、日常の小額の借入に利用することが多い。そのため、お金にとことん困ってる人だけが利用している訳じゃないんだ。

キャッシング利用者のうち、生活に困って生活費としてお金を借りる人も多い。でも、その人達も、何も貯金がゼロって訳じゃないよ。貯金は、公共料金や住宅ローンなど、最低限必要な資金をプールしておくための場所だろう?ここにまで手をつけてしまったら、家族が生活できなくなってしまう。

そのため、最低限の生活はキープした上で、足りない分をキャッシングで補っている家庭も多いんだ。つまり、ただお金が足りないから借りるっていうんじゃなくて、家庭を維持していく為にキャッシングを利用していることになるな。

また、それ以外にもキャッシングを利用している人の中には、貯金がかなりの額ある人も結構な割合いるってことが分かってるんだ。年収も決して低い方じゃなく、家も持ち家だったりする。外から見れば、比較的豊かな生活をしている人達だと考えられる。でも、このような人も、趣味やレジャーにキャッシングを活用しているんだよ。

こういう人達って、貯蓄は十分あるものの、それは家庭で管理しているので手をつける訳にはいかないような人達なんだろうね。ましてや、自分の趣味や、中には投資などに利用するには、本来は自分の自由になる小遣いを使うしかない。でも、それが足りないという時に、自分でお金を融通するしかなくて、手軽なキャッシングを使うってことになるんだろう。

自分自身の趣味などじゃなくても、家族との旅行やレジャーなどのために使う人も多いんだよ。本来ならば、そのために別にお金をとっておくべきなんだろうけど、その余裕や期間が十分になかった時にも、キャッシングを利用すればすぐに実現できる。家族のスケジュールがピッタリ合うタイミングもそうそうないから、これっていい使い方だと思わないか?キャッシング利用について抵抗のない人ならば、きっと同意してくれると思うんだが。

返済も、短期間で返済してしまえば、利息も大した額にはならない。キャッシングの利息が高いと思われているのは、月々の定額の返済だけで返して行こうとするからなんだ。毎月の返済額はどの人にでも返しやすいよう、最も低い金額に設定されている。余裕のある人までこの返済額を遵守していると、だらだら長い期間かけて返済することになって、わざわざ利息を増やしてしまう結果になるんだよ。

もしも余裕のある人であれば、一括返済したり、短期間で返済を済ませてしまうので、返済総額も最小で済むだろう?気軽に使えて利息もそうかからないとなれば、便利に活用するのも頷けるんじゃないかな。多少のコストはかかっても、手軽で便利ならばそっちをとる。そんな動機で借りる人って多いんだよ。

お金を借りる人は貯金ないのか?キャッシング利用者の心理を知る

キャッシングなどでお金を借りたことのない人にとって、利用者の心理というのは理解するのが難しいものだと思います。お金を借りる人は貯金がないから、あるいは収入が低いから?なんて考えている人も多いかもしれません。実際のところ、キャッシングを利用している人は本当に『お金がないから』、わざわざ借金をしているものなのでしょうか?ここではキャッシング利用者の心理について、詳しく検証してみましょう。

その時手元に必要なお金がなかったから…というのが最初のキャッシング利用のきっかけとして多数派であることは事実です。でもたまたまタイミング悪く金欠だったり、貯金も心もとなかったりすることは誰しもありますよね。そうやって最初は必要に迫られてキャッシングを利用したという人の中でも、その後常習的にキャッシングで借入を繰り返す人とそうでない人が分かれることに、キャッシング利用者の心理を読み解くカギは隠れていると考えられます。

キャッシングの利用が日常的になっている人にありがちなのが、キャッシングで手にした現金イコール借金であるという認識が薄れてしまうことです。最近のキャッシングは特に非常にシステムが発達していて、ネット申し込みで早ければ数時間とかからずに現金が手元に届くようになっています。しかも一度契約をしてしまえば、基本的に借入限度額の枠内なら何度でも借入が可能です。その手軽さゆえに、お金を借りることに対する抵抗がなくなり、ついつい繰り返し借入をしてしまう人は少なくありません。

特に銀行やコンビニなどのATMを利用して借入をしていると、あたかも自分のお金をおろしているかのような感覚になってしまっても仕方がないと言えるでしょう。その結果、『ちょっとお金が足りないかも』程度の状況でも『キャッシングすればいいや』という考え方に陥りやすいのです。また、キャッシングを利用しているとパッと見には自分の預金が減るわけではないので、『貯金に手をつけたくないからキャッシングしちゃおう』と考える人が出てもおかしくはありません。

確かにキャッシング利用の入り口は貯金がない、収入が低いと言った経済事情が関わってくることに間違いはありません。しかしそれはあくまでもきっかけに過ぎず、大事なのはその際にキャッシングというものをどうとらえるかなのです。キャッシングを利用すること自体はけっして悪いことではありませんが、それが借金であること、相応の利息が付くことは忘れないようにしてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.