事業用と個人用カードローンは違いますか

キャッシングベスト3

事業用カードローンって個人用カードローンと違うものなんですか

私は個人事業主です。このたび、カードローンを利用したいと思ったんですが、中には個人事業主向けカードローンとして案内されているものもあって、どういった商品を選べばいいのかよくわからなくなっています。個人事業主の私は、事業用カードローンを使わなければいけないものなんでしょうか。それは、個人用カードローンと何か違うものなんでしょうか。

借りたお金を何の目的で利用できるかが違ってきます

事業用カードローンと個人向けカードローンは、決められた枠内であれば何度でもお金を借りたり返済したりすることができるという使い方は同じです。この二つのカードローンの大きな違いは、借りたお金を何に利用できるかということです。事業用カードローンとなっているカードローンであれば、事業のためにお金を使うことができます。しかし、個人用カードローンで借り入れをした場合、事業のためにお金を使うことはできません。

カードローンのお金の使い方は自由のはずなのに、なぜそのようなことになるのかと不思議に思われるかもしれませんが、多くのカードローン会社が利用条件としてお金の使い道は基本的には自由だけど、事業資金として使うことはできないということを挙げているからなんです。

それから、そのカードローンが消費者金融から発行されている場合、借り入れできる上限の金額が法律によって制限されるかどうかも変わってきますね。個人向けのカードローンの場合、消費者金融では年収の3分の1以上のお金が貸せないという法律の規定である総量規制に従うことになりますが、個人事業主に対する貸し付けで事業にお金を使う目的であれば総量規制の対象外のローンとなりますので、借り入れ額が多くできるのも特徴ですね。

ただし、銀行のカードローンの場合もともと総量規制の対象となっていませんし、またそのカードローンが定めている上限の利用額はどうやっても超えることはできませんので、関係ない場合もありますが、消費者金融を利用する予定があるなら知っておくといいでしょう。事業用と個人用のカードローンには以上のような違いがあります。

ところで、ここで問題になるのが、個人事業者が例えばレジャーなど、事業資金以外の目的でお金を借りたいのならどうなるのかということです。質問者さんのお金の利用目的は質問内に書かれていませんでしたが、もしあなたが今回の借り入れ金を事業以外に使うのであれば、事業用カードローンではなく個人向けのもの、もしくは事業にも使えて日常的な用途にも使えるとされているものに申込む必要があります。

それを目的として商品を探しているときに、個人事業主向けカードローンという言葉を耳にするかもしれませんね。これは、事業用に使えるローンを指している場合もあるのですが、個人事業主でも借り入れが可能なローンを指していることもあるので利用目的をよく見る必要が出てきます。ご存知かどうかわかりませんが、一般的には、個人事業主はお金を借りるのが難しいと言われています。

それは、収入が安定しているかどうかがわかりにくいことと、規模が小さければ不景気などのあおりを受けやすく、経営状態が変わりやすいことに理由があります。そのため、そういった個人事業主でもお金が借りやすいローンであることを前面に出しているカードローン会社もあります。その場合は事業にお金を使うことができない商品もありますので、資金使途までよく確認してからカードローンの契約をするようにしてくださいね。

一般用カードローンと事業用カードローンとの違い

最近はカードローンを使用している人が非常に増え、従来車や家など高額な買い物をしたときに使われることの多かったカードローンも友達や身内からお金を借りる感覚で使う人も増えています。連日テレビではカードローンのCMが放送され、ネットの普及やコンパクトなデバイスの普及でスマートフォンからの申し込みから即日融資なども流行っているようです。このような一般人向けのカードローンとは異なる事業用カードローンというのがあります。

車ローンや住宅ローンと比べ資金使途に制限がつかないという大きなメリットを持つカードローンですが、唯一一つだけ「事業資金は除く」と明記されています。事業用カードローンとはその名の通り事業向けに作成されたカードローンです。事業用だからといっても変わる部分はごく一部で基本的には一般カードローンのように使うことが可能です。一般のカードローンと同様に設定枠の範囲内であれば何度でも借りる、返すを繰り返せる点でも一般用と変わりません。

この通りなんら変わりがないように見える事業用カードローンですが一つだけ大きく違うのが金利が低く設定されている点です。無論業者によって金利は設定が変わるので必ず低いとはいえませんが大抵の場合一般より低く設定されています。10%~18%程度が主流の一般カードローンですが、事業用カードローンの場合2%の金利で数百万円もの金額を借りられるところもあるほどです。

この通り一般向けと比べメリットしかカードローンですから作るためには条件があり、事業者でなければ申し込むことができません。

また、カードローンと一口でいっても色々と種類があります。その一つの無担保型カードローンというのは申し込みが最も簡単な変わりに金利が高かったり、設定額が低くなったりします。無担保があれば当然有担保型もあり、これは土地などを担保として出すことで借り入れする金額を設定するもので、希望額が担保の価値を超えない場合には金利が非常に安いのが魅力です。

【参考ページはこちら】
個人事業者向けカードローン審査に通らない理由は

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.