個人事業主。カードローンの確定申告教えて

キャッシングベスト3

個人事業主、確定申告は初めて。カードローンの申告法を教えて

個人事業主を始めて半年です。確定申告は初めてのことになります。仕事現場を整えるために借りたカードローンの内容はどのように申告したら良いでしょうか?教えていただければ幸いです。

借入れている金額は、何にも計上できないけれども、利息は経費になるわ

初めての確定申告。売り上げや経費が正しいか、不安に思う気持ちはわかるわ。出来るだけ、キャッシュを手元に残したいなら節税の工夫も必要よね。

「収入(売上)」から「経費」を差し引いた金額が、事業所得と言われるものになるんだけど、この金額が小さければ小さいほど、納税金額を減らすことが出来るとされているから、計算は少し面倒だと思うけれど、もれなく計上した方が良いわね。

基本的に一人で仕事をしているならば、「業務で使っているかどうか」がキーポイントになるけれど、自宅で仕事をしている人にとっては、生活費と仕事の経費の境目があいまいになりがちだと言えるわね。例えば、仕事用に買ったスーツの代金は経費には当たらないとされていたりするの。

気にしているカードローンの内容は、経費として利息分は計上できると言われているわ。カードローンとして借りている金額は、売上でもなければ、経費にも当たらないのね。

それから、青色申告を申請する場合には、「貸借対照表」と「損益計算書」を提出する必要があるから、こちらには、カードローンの経費を記入することになるわ。青色申告にも二種類あって、10万円、あるいは65万円の控除を受けることが出来るから、節税したいと思うならば、申請する環境を整えた方が良いと思うわ。

【参考ページはこちら】
個人事業主の場合、カードローン利用は経費にできる?

個人事業主が利用するカードローンの確定申告書はなぜ必要なのか

個人事業主がお金を必要になる場合というのは色々なケースがあります。よくあるのはつなぎ融資です。例えば事業資金が不足した場合に銀行に融資を依頼しますが、事業計画書や営業成績表などを提出したりして審査が厳しく、融資が実行されるまでに時間がかかります。融資の実行を待っていたら事業が破綻する恐れがある場合、緊急避難的に消費者金融からお金を借りるわけです。

このように事業資金などの大金の場合は銀行に融資を申し込むのが一般的ですが、緊急時には消費者金融のキャッシングやカードローンを利用することもあります。銀行は金利が低く、長期の返済が可能なので事業資金の借り入れには向いているのです。

しかし審査が厳しくて融資まで時間がかかるのが難点です。その点、消費者金融のカードローンは金利が高めですが、審査スピードが早いのです。また最近のカードローンには、事業者専用のローンを用意している消費者金融もあります。つなぎ融資などでどうしても緊急のお金が必要な個人事業主は、このようなローンを借りて、あとから銀行の融資が下りた時に一括返済すればいいのです。

個人事業主がカードローンを利用する時には、申し込む時に本人確認の証明書の他に、収入を証明する書類が必要です。サラリーマンのような勤め人なら給与明細書などを提出するわけです。個人事業主がカードローンを利用する場合は税務署の確定申告書を提出することになります。

提出されたカードローンの確定申告書によって消費者金融は年収を確認し、審査をするのです。基本的に確定申告書がちゃんと提出できて、年収がそれなりにあって、赤字経営でなければ審査は通ります。

銀行のカードローンの中にも、個人事業主が借りることができるものがあります。消費者金融よりも金利が低いのでおすすめですが、100万円以上の場合は納税証明書などが必要なので、一般の人よりも提出書類が多くなります。それでも最短で即日融資が可能なので急ぎの時には便利です。利用限度額も500万円から800万円のところまであるので、充分利用できます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.