低金利の個人事業主向けカードローンの詳細が知りたいです

細々とマッサージ店を営んでるのですが、お恥ずかしい話ですが、集客がうまくいかなくて、生活するのがやっとな状態です。お客様が少ない時など、ばらつきがある為、困ってる月にお金を貸してくれるような、個人事業主向けのカードローンを探しています。低金利で借りられると更にありがたいのですが、そういう所ってどんな感じなのでしょうか。あまり人には聞けないものですから、詳細を教えて頂ければと思います。

低金利の個人事業主カードローンはかなり便利に利用出来ます

個人事業主向けのカードローンを大手のカードローンなどでは取り扱ってます。小さい所などでは、個人事業主向けは取り扱ってる所が少ないので、大手を狙ってみると、良い答えを得られる所が多いようです。

銀行などでは、個人事業主の方は審査が厳しく、なかなか信用を得るのが難しいと言われてる為、大手のカードローンなどの審査を受けてみると貸して貰える所が多いのではないでしょうか。あまり窮地に立った時に申し込みをすると、貸して貰えない可能性も出てくるので、ある程度余裕がある状態の時でも、いざと言う時の為にカードローンのカードをを持ってると、大変役に立つはずです。

カードローンは、フリーローンの為、目的や利用可能額以内でしたらいくら利用しても問題ない為、ちょっと困った時などに便利ですよね。その時気を付けるべき点は、かならず返済出来る金額だけ借りるという習慣を付ける事です。

これだけ限度額があるから借りても大丈夫かなと言うつもりで借りてると、いざ返済する時になって、こんなに返済出来ないなんていう事にもなり兼ねません。返済出来ないなんていう事になってくると、信用度合が落ちてしまうので、きちんと返済出来る金額だけ借り入れしていくようにすれば、信用も上がっていき、借りられる限度額なども増えて行くでしょう。

個人事業主だから難しいかなと思わずに、500万円以内でしたら、個人事業主向けのカードローンを利用する事が出来る所もあるので、なるべく大手の所に申し込みをしてみると良いかもしれませんね。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準に関するオススメ記事

低金利個人事業主カードローンで機動的な資金調達ができます

個人経営者が銀行で借り入れをしようとした場合、銀行からよほど信用がない限り融資の稟議は通りません。融資対象は事業なのですが、個人事業主の経理はあいまいで個人の家計費と事業の経理が混在していることが珍しくないためです。そのため、銀行側も法人成りを個人事業主に対して勧めています。
(⇒個人事業主の場合、銀行カードローン審査で必要になる書類は?

しかし、法人化することで管理コストがかなり増大します。法人を維持するためには一定時期ごとに登記をする必要がありますし、税金の申告も面倒になりますから自分ですることは事実上無理です。従業員を社会保険に加入させる必要もあり、コストも増大します。ある程度の規模があれば別ですが、年商1億未満の事業主が法人成りするメリットはあまりありません。

とはいえ、個人事業主も資金需要があり、ここ一番の勝負どころでは借入をしてでも営業を拡大したい場合があります。このような場合、銀行では貸してくれなくても信販会社は融資に応じてくれることがあります。それが低金利個人事業主カードローンです。昨今の低金利で、信販会社のカードローンも利率が低下しています。また、事業用のカードローンは貸金業法の規制を受けないので、信販会社の判断で融資限度額を決めることができます。

銀行が提供しているプライムレート程度の金利の融資はできませんが、銀行と違いカードローンの形式ですから借入も返済も自由自在です。返済が自由にできるという点は非常に心強く、利息支払額を少しでも減らしたい事業主に大好評です。金利が低い銀行融資では、このような芸当はできません。

低金利個人事業主カードローンは、文字通り低金利がウリです。このカードローンの金利設定は一般的なカードローン同様に融資限度額が高ければ金利は下がります。一定の事業規模と利益が出ていれば、信販会社も大きな融資限度額を設定できますから、有利なカードローンを契約することが可能です。使い勝手のいい低金利個人事業主カードローンが人気である理由です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.