個人事業主向けカードローンを選びたい

キャッシングベスト3

個人事業主向けカードローンのお薦めは?生活資金でも使いたい!

お店をやってるんですが、少し借りたいなと思うことがよくあります。そこで銀行のカードローンとかも検討してたんですが、個人事業主って通り難いとも聞いて躊躇してます。

そこで消費者金融を調べてみたんですが、個人事業主向けカードローンってありますよね?あれのお薦めはありますか?できれば生活資金としても借りたいです。

生活資金としても使えるカードローンタイプのものがお勧めです

消費者金融は昔サラ金と呼ばれていたということもあって、何となく個人向けの融資専門だという印象が強いのですが、実は商売をしている方や中小企業の経営者の方など、事業主の方の利用も昔からとても多いんですよ。銀行ではなかなか融資してもらえなくても、消費者金融ならばすぐに貸してもらえるので助かる方も多かったんです。

ですから現在でも、多くの消費者金融では事業主向けのローンも取り扱っています。もちろん通常のカードローン枠で事業主の方が借りるのも全く差し支えないのですが、実は事業主向けローンならば総量規制の対象外になるのをご存知でしょうか?個人事業主の方であれば、こちらの事業主向け商品を申込むのがお薦めですよ。

ただしこの事業主向けのローンは、一般向けカードローンよりは提出しなければならない書類が多いんです。申込に必要な書類は、その業者によっても若干の差がありますので、必ず事前に確認しておきましょう。書類が多そうだとつい面倒になって少しでも書類が少ない方を選んでしまいがちですが、書類が多ければそれだけ選考基準も増えるということですから、通る可能性も高くなるんですよ。ここは面倒がらずに選ぶことをお薦めします。

借入方法にも、業者によって差がありますよ。中にはカードローンではない一度きりのキャッシング形式のものもあるのですが、やはりお勧めはカードタイプです。生活資金としての借入も可能なものを選ぶならば、必要な時に自由に追加借入できるのが一番ですよね。急ぎの場合にもどこからでもさっと借入ができれば、ご商売でも生活でも大活躍の1枚になるはずです。(こちらもご参考に→事業用カードローンは個人用のものと違う?

気をつけたいのは、事業主向けの審査の場合、どうしても通常のカードローンのようにスピーディーにはいかない場合もあるということです。お仕事でお急ぎの借入をしたい場合など、理想的にいけば即日融資も可能なのですが、通常より必要書類も多いですから、その分審査には時間がかかってしまうのは仕方がありませんよね。

また提出物が多いということは、それだけ不備の起きる可能性も高いということです。再提出などのトラブルが発生すると、なかなか即日融資という訳にもいきません。そのため、できれば余裕のある時に借入の申込をして、契約だけでも済ませておくことをお薦めします。一度申込めば長いお付き合いになりますから、ここはじっくり慎重にベストの1枚を選んでくださいね。

【参考ページはこちら】
カードローンを利用する時に重要な審査基準とは

個人事業主向けカードローンでお勧めできる金融会社

個人事業主向けカードローンも金融機関によってはいろんな商品があります。ただ個人事業主は資金面にデメリットがあるので、実際には快く融資をしてくれるところは少ないでしょう。なぜなら個人事業主は社会的にも信用度が低いですね。

そんな中で公的な融資を申し込んでも非常に困難と言えるでしょう。たった1社の取引先の支払いが遅れただけで、大変な事態になってしまいます。そんな個人で事業をされている方が借り入れをするのは難しいのです。

ただ個人で事業を展開している方でも、融資の対象にしてくれる金融機関はあります。一押しなのがSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスのカードローンがお勧めですね。SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスカードローンなら、最大融資枠としては500万円までは可能となります。

ただ、これは支払い能力があると判断されればの話です。いきなり融資の申込をしてから500万円の融資を引き出すのはかなり難しいといってもよいでしょう。

ただ融資限度額内であれば、事業費用としても活用できますしあなたのプライベートに使う費用としても利用が可能です。そんな時にSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスのカードローンを持っていればいざという時に安心ですよね。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの利用をお勧めする理由は、個人で事業でも対象になっているということ。そして、50万円以下の借入金であれば、収入証明書は不要になります。申し込みはWEBで簡単に行うことができますし、担保や保証人を立てる必要はありません。

ただ、申し込みを行うときには必ず金利がいくらになるのか、毎月の返済額がいくらになるのかをしっかりと認識しておく必要があります。要するに返済計画書を作成していないのに申し込みは行なってはいけません。お金の借り入れは少しでも借り手の有利にする必要があるので金融機関の選定もしっかりと行いましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.