警察で働いている人もカードローンを作れますか?

結構前に聞いた話なのですが友人の兄が警察官をしています。その人が警察官はカードローンを組めないのでお金を貸してほしいと友人に言ってきたそうです。警察官がカードローンを作ることができないというのは本当なんでしょうか?

そんなことはないと思いますよ

警察官だからといってカードローンを作ることができないという法律はないと思います。ただ、警察官という職業は信頼のある仕事だと思うのでたとえ利用していたとしてもあまり公にしないと思います。というか、誰でも自分がカードローンを利用していることは公言しないと思います。

しかし、現実では警察官だってただの人間です。ミスもするし、過ちも犯します。ですのでカードローンを利用していたとしてもなんの不思議もありません。ただ単に警察官はカードローンを利用するような人はいないというイメージを勝手に作り上げているのだと思います。

現にカードローン会社の借入資格を見てみても警察官は借入できないということはどこにも書かれていません。むしろ警察官は公務員ですので高属性となりぜひ借入して欲しいと考えていると思います。

警察官をはじめ、公務員はカードローン会社にとっていいお客です。それはなぜでしょうか。まず公務員という職業は民間の企業と違ってリストラや倒産がありません。突然職を失うということがないわけです。公務員になりたいと考える人は多く人気の職業なので一度就職したらやめる人が少ない。つまり離職率が低いわけです。
(⇒公務員なら低金利で借り入れできる?

きちんと仕事を続けて、一定の収入を維持してくれていれば、返済が滞るということもないので安心です。もう一つの理由は社会的地位のある人の多くがカードローンによる金銭トラブルを嫌います。とくに警察官であれば借金のトラブルなんて絶対に起こしたくないですよね。

警察署に催促の電話がくるなんてとんでもありません。そのため返済が遅れたりすることなく、きちんと支払いをしてくれるというわけです。以上のような理由から警察官などの公務員はカードローン審査に通りやすいのです。

しかし、いくら警察官、公務員だからといって過去の借入歴に問題があるとさすがに審査は厳しいです。同じ年収、同じ借入金額の場合、公務員の方が有利ということはありますが、過去の返済に問題があると審査でストップがかかることは当然あるでしょう。

警察でもカードローンは組めるのでしょうか

近年、カードローンは急な出費のときでも現金を借りることが出来て、大変便利なものになっています。一般の方でも多くの人が利用していますが、警察官など信用を得ていなければならない立場の人の場合は作れるのでしょうか。

実は、カードローンに申し込む事態は何の問題もありません。警察官の場合、専門の信用組合があってこの金融機関では、様々な金融サービスを提供していて、その一つにカードローンもあります。

また、通常のカードローンでも申し込むことは可能です。これは、警察だけでなく他の消防員や自衛官や教員などの公務員の方が申し込むことには問題はありません。その理由として、個人に発行されるものであり、公務員などの仕事の内容は関係ないためです。逆に、公務員の場合は収入が安定していると点で、ローン会社からは歓迎されます。

また、申し込んだときにもローン会社から本人以外には連絡などはほぼないので、他の人に知られる心配もありません。作ること自体は、個人のプライバシーになることなので報告なども必要なく、そして持ったからといってその仕事を続ける上で不利になることはありません。

ローンを申し込む方の中で、公務員の人は意外と多いです。安定した収入なのでカード会社からの評価は高いですが、年収からすると大手の企業よりは下になることが多いので、大きな出費や急な出費などで申し込む方が多いようです。フリーローンは、使用目的が自由なので、住宅ローンや教育ローンとは別に、急にお金が必用になったときのために持つ公務員の方が殆どのようです。

最近は、ローンに申し込む対象者にはパートやアルバイトなど少ない給料でも、安定した収入がある場合では申し込めるところが多くなっています。公務員は国が無くならない限りはある職業なので、収入面でも他の仕事と比べても、最も安定しています。ただ、安定している収入だとしても、予定外の出費はあるものです。予定外の出費に備えておくためにも、カードローンは必要不可欠なものといえます。

【参考ページはこちら】
カードローンを利用できる職業に関するオススメ記事

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.