新卒でもカードローン借りたい!審査には通りますか?

新卒でいきなりカードローンもないような気がしますが、実は生まれて初めての一人暮らしの予定、しかも実家から遠く離れた所へ赴任の可能性もあります。

精神的な心細さは我慢しますが、お金で困ったらと思うといかにも不安なんです。でも新卒って審査に通らないのかな?もしそうならもう少し経ってからにした方がいいですよね。

新卒でもOKというカードローンもありますよ!

カードローンを申込む動機は様々ですよね。今すぐお金が必要だと焦っている人もいますが、万が一の時のために1枚契約しておきたいと考える方も少なくありません。新卒で新しい生活のスタートを迎えようとしている人など、正にその状況だと言えるでしょう。しかし一般にカードローンの審査では、勤続年数が重んじられると言われています。ということは、新卒では難しいということになりますよね。

ただし勤続年数だけが原因で審査に落ちるということはありませんから、絶対審査に通らないという訳でもありませんよ。でも出来れば落ちてしまうリスクは避けたいですよね。中には勤続年数は問題なしとはっきり明記してあるカードローンもありますが、地方銀行のものだと営業区域以外の人は利用できません。うまくこのようなカードローンに巡り会えればいいのですが、一般にはやはりカードローンは社会人1年生の方には審査が厳しいかもしれません。

しかしクレジットカードならば、通る可能性は高くなってきます。最初はキャッシングの限度額が低くても、利用に従って増額もできます。またお買い物や海外旅行にも便利ですので、1枚はあるといいですよね。クレジットカードを検討する場合、給料の振り込み口座を開設する銀行のものを選ぶのがいいでしょう。

その口座を公共料金などの引落しにも指定することで、審査の条件的にも有利になるはずですよ。またその銀行によっては、クレジットカードにカードローン機能のある商品もありますから、これがあればラッキーです。クレジットカードとカードローンの両方を同時に手に入れることができますよ。

また銀行口座のキャッシュカードにローン機能を追加することで、カードローンとして使えるようになるものもあります。こちらも手軽なカードローンとして非常に便利ですよ。残高不足で引落しができなかった場合にも自動的に借入でカバーできますから、色々と時間の余裕のない新入社員の方にはピッタリだと言えるでしょう。こちらも銀行口座とセットですから、単体のカードローンよりは幾分審査にも通りやすいはずです。

どちらもまず取引銀行を決めてからという手順になりますね。新卒ですぐにローンカードを手に入れるという訳にはいかないかもしれませんが、まず新居を決め、銀行を決めてと順繰りに足場を固めていってはいかがでしょうか。場合によってはローンカードについては、勤続年数として評価される2年目以降を目標にしてもいいでしょう。堅実なカードローン選びは、何と言っても急がず慌てずが一番ですよ。

【参考ページはこちら】
新卒でカードローンを利用するのは無謀?

カードローンを借りる時は新卒のうちに借りときましょう

カードローンを借りる予定があるのでしたら、なるべく新卒のうちに借りてしまうのも1つの手です。というのも、もしもその会社内で出張や地方へ転勤することがありえるとその後、カードローンを借りることが難しくなるからです。

カードローンの審査では、安定した年収が当然必要となってきます。しかし、審査の際に着目される部分は実は安定的な年収だけではないのです。

カードローンの審査の際には年収の他に勤務形態、そしてその職業への勤続年数、さらにその地域への居住年数も審査項目とされているのです。勤務形態、勤続年数、その地域への居住年数はその人の安定的な生活がどのくらいおくれているのかを判断する項目となります。

勤務形態が派遣ですと正社員よりも給与などは少ないという特徴を持っています。その上で、融資を受ける際には派遣などは不利だと言われているのです。(こちらもご参考に→日雇い派遣でもカードローンは利用できる?

また、勤続年数も短いと、どうしても転職が多いとみなされて収入に山あり谷ありだと判断されてしまうのです。そして、さらに居住年数が短い人だと当然、引越しが多いとみなさされてしまうわけですから出費が多いとみなされてしまうのです。

この様な理由から、安定的な収入だけでなく勤続年数や居住年数が審査項目と見慣れているのです。しかし、新卒の人の場合はすぐに入って来たばっかりであるというアドバンテージも働いてこれらの項目は着目されません。

ですので、会社内で転勤族になったり、さらには他の部署への移動が多くならないうちにカードローンを借りてしまおうというのは結構有効な手段なのです。

現代の日本では正社員であっても、会社の都合で安定的な勤務ができないケースが非常に多くなってきています。
ですから、なるべく転勤や異動などが少ないうちに早め早めに申し込むと良いでしょう。一旦、転勤族などになってしまうと本当に借りる際には不利となってしまうので注意が必要です。是非とも、新卒のうちから融資を受けるのかどうか考えておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.