水商売がローン審査で不利なのは何故?

キャッシングベスト3

収入が良い水商売がカードローン審査に不利なのはどうして?

私の仕事は水商売関係であり、収入自体はかなり良いです。あまり世間では胸を張って自分の仕事を言えませんが、収入だけで言えばそこらのサラリーマンにも負けていませんし、むしろ同世代でもかなり儲けている方です。その分金遣いも荒くなってしまう業界ではありますので、そこまで生活も潤っているわけではないのですけどね。

だから、念のためにカードローンを作ろうと思ったのですが、水商売だとカードローンの審査では不利になると聞きました。水商売ももちろんピンキリではありますが、収入はかなり良いという人は、私含めて多いはずですよね?それなのに審査に不利になるというのは、どうしてでしょうか。やはりあまりイメージが良く無いからでしょうか。

水商売だってちゃんとした仕事なんだから、こういう事に不利というのは何だか納得できません。どうして審査に不利になっているのか教えて下さい。

安定しにくい仕事は基本的に融資では好まれません

そうね、確かに水商売というのは、成功すればかなりの収入が期待できるわよね。でも、水商売の特徴として、大事な事を忘れてはいないかしら?当の本人だから百も承知かもしれないけど、その部分についておさらいしていきましょうか。

水商売というのは、基本的に安定した職とは言いがたいわ。あなたからすると反論もあるかもしれないけど、それは成功している人だから言える事よ。水商売を始めたからと言って絶対に成功するとは限らないし、業界的に言えば満足のいく結果を出せない人の方が多いのでは無いかしら?

さらに、水商売がどこまで続けられるかというのも問題よね。どちらかと言えば若い子向けの仕事であって、年を取れば取るほど不利になっていくわよね?つまり長期的な雇用が発生するかどうかの観点で見ても、安定とは逆方向としか言いようが無いわけね。収入の額が大きいというのは金融業者としても魅力的だけど、それだけでは返済能力の証明にはなっていないのよ。

カードローン審査で好まれる職種というのは、主に公務員とか弁護士みたいな収入も雇用も安定した仕事ばかりね。こうしたところは収入額もそうだけど、何よりもリストラなどで仕事を失う可能性が極めて低いのよ。仮に収入と雇用の安定のどちらが大事かといえば、安定の方を優先する金融業者の方が多いでしょうね。

だから、今のあなたの仕事は有利とは言えない立場なのよ。カードローンならまだしも、住宅ローンみたいな大型融資だとさらにシビアだから、融資に関しては慎重に判断する事をオススメするわ。

【参考ページはこちら】
水商売の場合、銀行カードローン審査には通れない?

水商売だからといってカードローンの審査を諦めていませんか?

金融機関でローンを組む際、最も重視されるのは何でしょう。月収でしょうか、年収でしょうか、財産でしょうか、会社名でしょうか。これは、自分が金融機関の融資担当者になったつもりで考えてみれば。意外に簡単に分かります。

金融機関の売上は、銀行であれ消費者金融であれ、人にお金を貸したときに入ってくる「金利」です。確実に金利を手に入れることが、金融機関のメインの仕事であり、給料の源なのです。

ということは、確実に計画通りに返済をしてくれる人、が最も良い顧客です。月々の返済額や金利は、人それぞれです。人それぞれに設定された返済を、確実に行ってもらえる顧客なのかどうかが、大事なところなのです。つまり、現在の収入が将来も永劫的に続く、と保証されている人が一番良い顧客です。

そう考えると、筆頭は公務員ですね。(こちらもご参考に→公務員はカードローン審査に通りやすい?)よほどの不祥事でも起こさない限り、あるいは病気で退職でもしない限り、現在の収入は保証されます。どんなに景気が落ち込んでも、それに伴って給料が下がることはありません。

一方、最も危険な顧客は、現在の収入が、未来に渡って全く保証されていない人たちです。たとえ現在の収入が高くても、来年は大幅に下がる可能性があるならば、金融機関としては避けたい顧客の種類です。スポーツ選手などは、その典型でしょう。

しかし、選手を引退して、例えば所属していたチームの正職員などになったならば、急に給与の安定性が出ます。たとえ年収が10分の1に減ったとしても、選手よりは正職員のほうが融資における信用度が高いのです。

では、水商売はどうでしょう。どこか水商売の人は、初めから融資など諦めている感があります。しかし、それはもったいないことです。居酒屋やスナックを、何十年も安定的に経営している人など、日本にはいくらでもいます。キャバクラやホストクラブでも、安定的な売上を長く続けて、経営不振とは無関係なお店もあります。

これらのような、安定的な水商売の人たちならば、所得証明は必要になるでしょうが、カードローンなどの審査には通る可能性が高いでしょう。

常に金融機関の担当者のつもりになってみるということです。何の商売をしているかというよりも、安定的な収入が将来も見込めるかという点が最も大事なのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.