カードローン審査に運送会社勤務は不利か

キャッシングベスト3

カードローン審査に運送会社勤務は不利だとか?これってホント?

最近お金のかかることが多く、カードローンなんてどうかなと思っています。でも同僚が言うには「俺ら運送関係って審査難しいよ」とのこと。

これってホントでしょうか?私はそこそこ年収もあるので自信あったんですが、急に不安になってきました。審査受けても大丈夫かな?

職種をあれこれ言われますが審査基準は一通りではありません

カードローン審査の基準についてはよくあれこれ言われています。というのも、各企業がその審査基準について公表したり、審査に落ちた理由を明かすことがないからでしょう。これは企業としては当然のことで、もしそんなことをしたら混乱してしまうのはむしろ利用者の方です。というのも、審査というのは様々な要素から総合的に判断されるものですし、貸す側の事情だって反映されます。こうだから通らない、こうならば通ると単純に言い切れるものではありません。

ただし事故情報の登録されている人など、ある一定の要素が原因で審査落ちが確定してしまうこともあります。ただしこれは全体で言えばほんの一部分に過ぎません。申込書から読み取れる情報は、どの程度どう審査に影響するのかは決して確定的ではないんですよ。職種もそのひとつで、○○なら通りにくい、○○は通りやすいなどと言われていますが、決してそのようには言い切れないところもあります。

というのも、仮に職種によって審査に通り難いものがあったとしても、それはその職種そのものが原因ではないからなんです。カードローン審査においては、ただ貸したお金の返済が期待できるかどうかしか判断しませんから、どんな職種であれ返済可能であれば審査には通るんです。例えば最近転職したばかりで他でもたくさん借りてしまっている人では、どんな職種であれ審査には落ちてしまう可能性は高いでしょう。

どの職種であれ共通して審査の通りやすさは、収入が安定していて勤続年数も長いというのが大きな目安になってきます。そしてそれ以外の要素として、会社の規模や知名度も考慮に入ることがありますが、これは何もステイタスを重視してのことではありません。そうではなく、その会社が近々潰れて失業したりしないかという視点によるものです。その点ではカードローンの審査というものは、お金以外には全く愛想のないものだと言えますね。

しかしだからこそ、受ける側としても対策の立てようもあるんですよ。例えば勤続年数の長い人は、そこをきちんと記入しておくことが大切です。カードローン申込書では「入社年月」を申請するようになっていますが、入社した年度を思い出せずに適当に書いてしまって、実際よりも短くなってしまうと勿体ないですよね。

少しでも返済能力が高く見られそうな要素は、間違いなくきちんと書くようにするだけでも、審査の通りやすさは随分と変わってくるはずです。

【参考ページはこちら】
評判のいいカードローンを作りたい!どこで申込むべき?

運送会社勤めでもカードローンは借りられるか

カードローンは各金融機関や諸費者金融でさまざまな商品を提供しています。そんほとんどが職業を審査から外しているようです。そのため、運送会社に勤める方でもアルバイト・パートの方でも個人事業主、学生、主婦、年金生活者などなど広く利用できるようになってきています。(こちらもご参考に→カードローンを利用したい学生さんにオススメ記事)職業が審査で利用されなくなり、審査で厳密にチェックされるようになってきたのが所得と借入状況です。

特に消費者金融のサービスでは法律で総所得の3分の1を超える現金を貸してはならない制限がありますので特にチェックが厳しくなります。しかし、収入が少ない方でもそれに見合うカードローンの限度額を設定されることが多いので、所得が少ないから借りられないことは少ないようです。

また、年金生活者のように年配の方や未成年者の場合でも収入に見合う金額や契約期間になるので気軽に申し込めます。

カードローンやキャッシング・サービスでの審査で重要なのは収入と借入状況のバランスです。借入額が多ければ審査には不利ですが、意外な盲点としてあるのが、借入額はそれほどではないが、借入件数が多い場合です。小額ローンや物販ローンなど額面の少ないろーんを多数契約している方がいます。この方は審査できびしい判断となることが多いようです。

消費者金融や金融機関のカードローンは収入と借入のバランスをチェックされますが、ローン件数が多い場合、月々の支払が多すぎると判断されることがあります。これは、同じ30万円を借りている場合でも1件で借りて月に1万円返している方と5件で月に3万円返している方で生活費に占める返済額が変わってくるからです。

小額ローンなどはおまとめローンなどを利用すれば件数を減らせますし、月の支払いも減るので生活に余裕が出てきますし、借入件数が減ればカードローンなど新規ローンの審査が通りやすくなる場合があるので、借入額の他に借入件数もチェックしておくことをおすすめします。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.