公務員はカードローン審査に通りやすいって本当ですか?

最近カードローンに興味があっていろいろ調べています。カードローン審査では職業も関係するみたいで公務員は審査に有利と言われているようですが本当ですか?私は中小企業のサラリーマンなので審査に通るか不安です。公務員はなぜ審査に有利なのでしょうか?

離職率が低いからだと思います

カードローン審査では年収、勤務先、勤続年数、過去の借入歴がおもな審査内容になります。もちろん年収は高い方がいいですし、勤務先も大手企業や公務員は審査に有利です。申告された年収や勤務先が本当かどうかというのは在籍確認を行って調べます。勤務先を確認することはきちんと定期的な収入があることを確認する意味でもとても重要です。ではなぜ公務員だと審査に有利なのでしょうか。

まず第一に離職率が低いことです。公務員は民間企業とちがって安定しています。会社が倒産したり、リストラに合うということがありません。一度就職したら多くの場合生涯公務員として働き続けるケースが多いと思います。公務員はなかなか希望してもなれるものではないのでせっかく手に入れた仕事を手放す人は少ないです。

離職率が低いということは仕事をやめる可能性が低く、きちんと働いてカードローンの返済をしてくれると判断されます。カードローンの審査では結局きちんと返済見込みがあるかどうかというのが大事な審査ポイントとなっているのです。

第二に社会的信用があるということです。公務員といっても警察官や教師などいろいろな職種がありますが、どの仕事をとっても社会的信用のある仕事が多いと思います。社会的地位のある人間は金銭に関するトラブルを嫌います。

カードローンの返済が滞って催促の電話や通知が来るようなトラブルはできれば避けたいと考えるでしょう。カードローンの返済を滞納していることが勤務先に知られれば信用ががた落ちです。ですので、遅れることなくきちんと返済してくれる人が多いと考えられるのです。

確かに公務員は審査に通りやすいというのはウソではありませんが、会社員だからといってとくに審査に不利ということはありません。中小の会社員であってもきちんと毎月収入があり、過去の借金トラブルがなければ希望通りに借入できると思います。

借金トラブルというのは過去に返済の遅れがあったり、債務整理の経験があることを指します。このように信用情報に問題があると審査に影響することが多いので、今後借入をする際にも十分に気をつける必要があります。

【参考ページはこちら】
公務員なら低金利でカードローン利用できる?

カードローンを利用するのに公務員は最高のステータス

金融機関が取り扱っているカードローンは、無担保で保証人も必要なく、いつでもどこでもお金が必要になった時にはすぐに融資をしてくれる、大変便利な金融サービスです。

けれども、無担保で保証人もなくお金を貸し出すことになるので、カードローンを契約した本人の信用力によって、審査が通るかどうか、そしてどれだけの金額まで貸し出すことができるか、即ち融資限度額をいくらに設定するかと言うことが決まってきます。

審査では、申込者の信用力を審査します。つまり、この申込んだ人はきちんと貸したお金を返してくれる人かな、と言うことを審査するわけです。そのような信用力は、先ずは年収や勤務先、それに勤続年数によって判断されます。特に勤務先は、公務員であることが最も高く評価されます。その次が大企業の社員です。

つまり、公務員であることは、よほどのことがない限り職を失うことはありませんし、勤め先が潰れることもありません。また、勤務先は誰でも知っているところですから、申込書で嘘をついてもすぐにばれてしまうので、その点も安心です。それに、ある程度の高い年収は確約されているために、金融機関としては、この人ならばお金を貸してもきちんと返してくれるだろう、と判断するわけです。

但し、公務員と言っても、今年就職したばかりの人は、審査に通らないことはないでしょうが、融資限度枠は多少低く設定されることになります。なぜならば、勤続年数が少ないために、それだけ信用力がないからです。また、就職したてでは、殆ど初任給程度の給料だけですので、あまり年収が高いとは言えないため、融資限度枠も低く設定されてしまうのです。

とはいえ、他の企業に勤めている人などと比べると、公務員と言うのは十分に信用力がある職業ですので、カードローンを利用するにおいては、最高のステータスであることには違いはありません。そのため、どこの金融機関でカードローンを申込んだとしても、先ず審査に落ちることはありません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.