カードローン申込の際の本人確認電話が心配

キャッシングベスト3

【お悩み】カード申込でかかってくる本人確認の電話が不安です!

Q給料が少なく、好きな釣り旅行にも行けません。そこで.カードローンを利用したいのですが、審査で自分に電話がかかってくるのが不安です。実は知らない人と電話で話すのが苦手。そのため、職場も製造業です。もし変な対応をして、審査に通らなかったらどうしようと思うと申込ができません。

A.カードローンの審査方法は、今はほとんどがインターネットでの申込からスタートするのが普通だけど、全てがネットのみで完結する訳じゃない。電話による確認が2回、そして契約書やカードの郵送もある。電話の確認は、本人への確認と、職場への在籍確認だ。

職場の在籍確認電話については、心配する人も多いんじゃないかな。もしもカードローン会社から職場へ、本人宛に電話がかかってきたら困ると思う人が殆どだ。しかし、実際には個人名を名乗ってかけてくるために、少なくともカードローン関連だと思われる心配はない。また、本人が席を外していても、在籍確認の目的は果たせるので、実際には知らない間に在籍確認が済んでしまっていることもあるくらいだ。

一方で、本人確認の電話については、自分宛なので何とかなると思っている人も多くて、心配する人は案外少ない。でも、これにもいくつか注意点はあるんだ。例えば、自宅や実家の固定電話を連絡先として指定していると、連絡がとれなくて本人確認ができないこともある。本人確認の電話があるということを念頭に、連絡先として携帯電話番号も必ず記入しておこう。

また、今は固定電話を持っていない人も少なくない。携帯電話では不利だと思い込んで、実家の固定電話の番号を記入したりすると、やはり本人確認ができず、審査に通らないことになってしまうよ。携帯のみでも、確実に連絡がとれることが大切。変なところで見栄を張らないことも重要だ。

そして、この本人確認電話は、ネット申込においては貴重な本人との接触の機会でもある。そのため、ここでの受け答えも、一定は審査で配慮される可能性はあるんだ。とはいっても、言葉遣いが異常に乱暴だとか、日本語が喋れないとかじゃない限り、大きな問題になることはないから、安心していいよ。

本人確認電話は、本人に連絡がとれることの確認が先ず第一で、それに加えて、本人が確かに申込をしたという事実の確認という意味合いがある。これらが主な目的なので、それ以外のことについては、特に気にしなくても大丈夫だ。重要なのは、借りたお金をきちんと返済できるかどうかってこと。カードローン審査においてそれ以外のことは、こっちが気にするほど問題ないっていうのが事実なんだよ。

でも、電話での受け答えが苦痛であるならば、なるだけ短時間で済ませたいところだよね。そのためには、申込みフォームへの入力ミスや入力漏れ、また不明点などないようにしておかないといけない。そうでないと、この電話でその確認や訂正を求められるから、電話の時間も長くかかってしまう。短時間で済ませたいなら、申込フォーム作成は完璧にしておこう。

カードローンの審査気になるトコ!職場への本人確認電話は必須?

必要な時に手軽にお金が借りられるカードローンはとても便利ですが、事前の審査はやはりちょっと憂鬱なものですよね。特に、職場に本人確認のための電話をする、いわゆる在籍確認がイヤだという人は多いのではないでしょうか?職場に電話をされるなんて、あまり知られたくないカードローンの利用がばれてしまうのではないか…と不安になりますよね。カードローンを利用する際、はたしてこの職場への本人確認電話は必須の手順なのでしょうか?

基本的に、以前からカードローンの審査を進めるうえで在籍確認の電話は避けられないものとされてきました。しかし実は、職場への在籍確認を省略できるカードローンはメガバンク系列を中心に増加傾向にあります。ある一定の条件を満たしたうえでのことではありますが、職場への電話のほか、煩わしい直接的なやりとりは一切なく、WEB上の手続きだけで契約が完了してしまうサービスを取り扱っているカードローンは一つと言わずあるのです。ただしそれ以外のカードローンを利用する場合には、やはり職場に電話をされることは避けて通れないと考えた方がよいでしょう。

しかし在籍確認が原因で、職場の人にカードローンの利用を知られるという心配はほぼないと言ってよいでしょう。というのも、カードローンを誰にも内緒で利用したい人が多数派であるということは、業者側もきちんと理解しています。したがって、在籍確認の電話をする際にもある程度配慮してくれる可能性が高いのです。

例えば在籍確認の電話で、『カードローンの○○ですが…』などと名乗ったりはしません。担当者の個人名や、銀行であれば単に銀行名を名乗ることがほとんどです。また、本人以外が電話に応対した場合にカードローンに関する話をするということも基本的にはありません。とにかく本人がその職場に実際に勤務していることさえ確認できれば良いというのが在籍確認の目的ですから、それ以上のやり取りはしないものなのです。

以上のことから考えて、職場への本人確認の電話は基本的に必須ですが、それを強固に忌避する必要はないと言えるでしょう。どうしても在籍確認を回避したい場合は、電話なしで利用できるカードローンを検討することをおすすめします。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.