【心配】自己破産したら何をうしなうんだろう?債務整理を検討中です

Q.どうしても借金が返せないので、自己破産をするしかないかもしれません。債務整理を検討中なのですが、自己破産したら実際には何をうしなうことになるんでしょうか。とりあえずこの借金が免除されるんなら、後はどうでもいいっていうくらい、追いつめられています。

A.自己破産というのは、お金が返せなくなった人の最後の最後の手段。この手段があるからこそ、多くの人は安心してお金を借りれる。といっても、もちろん実際に自己破産するのは極一部の人だ。最後の手段だけに、幾つかある債務整理の方法の中でも、一番デメリットも大きい。でも、今ある全ての債務が棒引きになるのは、この自己破産という方法だけだから、本当に返せない時には、もっとも有効な方法だ。

自己破産の申し立てをすると、財産の制限を受けるというのが、生活に直結するという意味でも、目に見える最も大きいデメリットかもしれない。生活に不可欠な財産は没収されないけれど、それ以外のものは手放さないといけないし、もちろん現金も一定額以上は持つことができなくなるんだ。20万円を越える価格のものも原則没収だが、車など仕事に必須の財産は除外されることもある。

また、自己破産の手続きにかかる半年間は、一定の職業には就けないという制限もある。保険外交や警備員などの仕事を持っている場合、その間は仕事ができなくなってしまうのでデメリットが大きい。他にもよく知られているのは、海外へ行けないということだけど、これも手続きの期間中のことなので、仕事で海外と行き来する人でもなければ、そう問題はないだろう。自己破産をした全ての人が、その後もずっと不便なこととしては、やはりブラックリストに載るということじゃないだろうか。

新たな借金はしないにしても、クレジットカードの申込や、ローンが組めないとなると、やはり不便な面は大きいだろうね。それも、登録期間が5年から10年と長く、この登録期間が終了しても、業者によっては審査には通らない可能性もある。この事故情報の登録が、やはり自己破産を考える人がもっとも気になる点だろう。

しかし、返済ができない以上、生活を立て直すには自己破産しかないってこともある。しかし、借金の整理には自己破産しか方法がないって訳じゃないんだ。場合によっては自己破産をしなくても、もう少し軽い個人再生などでも生活の立て直しが可能な場合もあるかもしれない。自分から自己破産を決めてかからず、まずは専門家に相談してみよう。

個人再生ならば、ある程度の返済は必要だけど、今ある財産を持ったまま生活を続けることができるので、大きく暮らしを変えなくても済む。住宅ローンも処分しなくていいから、もしもローン返済中の自宅があっても、そのまま住み続けることができるよ。家族のある人にはいい方法だね。そのようなことも含めて、まずは相談!いきなり法律事務所を訪れるのには勇気がいるから、まずは無料の電話相談などを利用してみてはどうかな。

知っておきたい自己破産!いったい何をうしなうことになるの?

近年、カードローンやキャッシングと言った手軽な借入サービスは増加傾向にあります。お金を借りるという行為が、昔に比べて身近で安全なものになってきているのです。ただどんな形で借りたお金であれ、最終的には利息を含めて全額返さなければいけないものであることに変わりはありません。もしなんらかの事情で経済的に困窮して、借金が返せない状況に陥ってしまった場合に考えられる手段の1つとして、自己破産という方法があります。

自己破産というのは、借金の支払いができない『支払不能』状態に陥ってしまった際に、そのことを裁判所に認めてもらうことで法律的に借金の支払いを免除されるという制度です。つまり、自己破産すれば残りの借金を支払う義務は一切なくなると言ってよいでしょう。条件としては、原則として過去7年以内に自己破産をしたことが無く、なおかつ支払不能であると裁判所が認める状態にあることが必要になります。

『借金がなくなる』ということだけ聞くと、自己破産というシステムは借金の返済に苦しんでいる人にとっては非常に魅力的なものに聞こえますよね。ただ、自己破産というのは何の代償もなく実行できるものではありません。借金を帳消しにするという重大なことを実行するに当たっては、手放さなければならないものが出てきてしまうことは避けられません。

自己破産によって失うものは主に3つあります。1つは財産です。自己破産すると、決められた価格以上で生活に不可欠ではないと判断された財産は全て処分しなければなりません。2つ目は特定の資格・職種です。これは自己破産の手続きを進めている間に限られますが、弁護士などの士業と呼ばれる資格や、警備員等の職業に就くことは制限されます。

そして3つ目が信用です。自己破産をすると、信用情報上に事故として登録され、いわゆるブラックと呼ばれる状態になってしまいます。この履歴は5~10年の間は消えることが無く、その間はお金を借りたりクレジットカードをつくると言った社会的信用が必要な契約はほぼ不可能となってしまいます。

自己破産をすれば、借金の返済に追われていたつらい日々からは抜け出すことが可能なのは事実です。ただ、その代償としてうしなうものはけっして些細であるとは言えません。借金を整理する方法として、自己破産以外にも個人再生や任意整理など複数の手段が考えられます。まずは法律事務所など専門家に相談して、最善の道を見つけ出しましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.