複数申込みでカードローン審査が落とされる

キャッシングベスト3

複数申込みをすると、カードローン審査で落とされるそうね?

カードローンを申し込む時に、複数の会社に申込みをすると、カードローン審査で落とされるとか、非常に厳しいという話を聞きました。その辺、どうなのでしょうか?

予備で、いくつか申し込むという人がいるけれど、それは止めた方が良いわ

何故、複数の会社に申し込む必要が合うのかしら?それが消費者金融ならば、総量規制の関係で、合計が給料のおよそ1/3以上の金額になると、どちらも借りられないという事になるわよ?だから、申し込む時には、1社に絞ったうえで申し込んだ方が良いわ。

最初に申し込んだ時点では、金融機関とは全くお付き合いがないわけだから、その個人には、勤め先とその年数と、給料位しか判断材料がないわ。だから、まずは少しであっても借り入れをして、返済をしっかりやるというその実績を積み重ねていくことが重要なわけね。

だから、最初は、あまり多い金額は貸してくれないけれども、半年くらい堅実な返済を続ければ、利用限度額の見直しをしてくれるわ。だけどね、自分の限度額を超えることはありえないわ。だから、それ以上に増額を希望するならば、自分の収入を増やすしかないっていう事ね。

だけどね、お金をいくら貸してくれるからと言っても、闇金融と呼ばれる会社は使ってはいけないわよ。法的な制限を無視してお金を貸してくれるのはありがたいと思うかもしれないけど、こういう違法な貸し出しをしている所は、大抵、金利も高く設定されているから、返せなくなる姿が目に浮かぶわ。

【参考ページはこちら】
おすすめのカードローン申込みタイミングはいつ?

カードローン審査の複数申込みを行う時の注意点

カードローンやキャッシングなどを利用するためには、それぞれの会社が行っている「審査」を通過する必要があります。審査基準はそれぞれの会社独自の規定があり、一概にどうという事は言えませんが、基本的には年収や勤務先・勤続年数、残債務などが重要な審査基準となります。その中でどの程度のレベルを必要とするかが各会社によって違ってくると言った感じです。

まずは申し込みを行うことが第一歩となります。申し込みを行うことで、各会社が信用情報機関へ情報の照会を行ったり、本人から審査項目に関する聞き取り調査などを行ったりという段階がスタートします。申し込みを行うこと自体はいくらでもできます。同時に複数申込みを行うことも可能です。しかし、ここで注意しなければならない事があります。

それは、いわゆる【申し込みブラック】というものです。すでに書いた様に、申し込みを行うと審査項目の聞き取りの他に、信用情報機関への照会が行われます。ここには、現在までの信用情報の履歴が登録されており、会員はその全てを閲覧することが可能です。

その人が、いつ・どのような取引を行ったかという情報はもちろん、いつ照会されたかという情報も登録されます。申込みを行うと信用情報機関の照会が行われることはすでに書きました。と言うことは、その際の照会履歴が残ることになります。信用情報の照会を行う場合と言うのは非常に限定されています。

その為、そこに履歴が残っていると「他の借り入れに申し込んだ」と言う判断が出来るのです。その結果がどうであれ、頻繁に閲覧履歴が存在していると「落ちたから他を受けた」と判断されてしまいます。その履歴は約半年程度は保存されていると言われます。つまりこの間はどうあがいても否決されてしまうことになり、この状態を「申し込みブラック」と呼びます。

一度このような状態になってしまった場合は、履歴が抹消されるまでは大人しくしているほかありません。そうならないようにする為には、特定の申込みに限定して、不用意に無駄な申し込みを行わない事が大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.