カードローン仮審査から本審査ってすんなりいきますか?

PCが壊れてしまってなるべく早めに購入したいのですがお金がありません。その他にもちょっと入用があるのでまとめてカードローンで借入できたらいいなと思っています。カードローンには仮審査と本審査があると聞きましたが、仮審査から本審査まではすんなりいくのでしょうか。それとも仮審査に通っても本審査に落ちる人は多いのでしょうか?

仮審査に通っても本審査にも通るとは限りません

もう借入先は決まりましたか?実際に申込をすればわかると思うのですが、カードローンの仮審査とは多くの場合ホームページ上でできる簡単借入診断と呼ばれるものです。これはコンピューターシステムにより自動的に借入が可能かどうか診断してくれるものでとても大雑把です。入力事項としては生年月日、年収、他社からの借入などについてです。

ただしこれはあくまでも借入が可能かどうか機械的に振り分けるものなので仮審査に通っても本審査に通るとは限りません。仮審査の段階では申告した年収やその他の借入額が本当かどうかというのはチェックしませんのであくまでも申込をするべきかどうかの目安に過ぎません。

ただ仮審査は申込者にとってもカードローン会社にとってもとても有意義です。(こちらもご参考に→仮審査がないカードローンを利用するのは危険?)カードローンに申し込んだということは信用情報に必ず記載されます。否決の場合もです。信用情報に申込歴が多いととてもお金に困っていると判断されます。

ですので無駄な申し込みをできるだけ避けるという意味で借入診断は必ず活用するべきだと思います。一方でカードローン会社も審査をするにあたって事務手続きなどを行いますが、本審査を受けても通らないと思われる人のために時間を割くのは無駄と言えます。

仮審査で申し込みが可能と出たら申込フォームを使って申込を行います。年収、勤務先、勤続年数、その他の借入についての詳細を送ります。この審査では身分証明証やその他の必要書類の確認をはじめ、勤務先が本当かどうか在籍確認を行って調べます。勤務先を確認することである程度収入についても調べることができますので在籍確認は重要です。
(⇒在籍確認の電話がないカードローンってあるの?

その他の借入や過去の借入歴については信用情報と照らし合わせますのでごまかすことはできません。多重債務や過去の返済の遅れなどは最も審査に影響すると考えていいでしょう。過去のトラブルを起こした人は今後もトラブルを起こしやすいので貸付には慎重になると思います。

以上のように仮審査と本審査は全く別物なので仮審査に通ったからといって安心しないように。ただし、きちんと働いていて過去に借入トラブルなどがなければあまり心配する必要はないでしょう。

カードローン仮審査から本審査への流れでチェックされることとは

お金の困ったに役に立つカードローンとは?

現在銀行や消費者金融などから急な出費にも迅速に対応できる便利なカードローンが多く提供されています。そして、その融資額もある程度纏まっており、金利もクレジットカードのキャッシングに比べて低く設定されています。

このことからカードローンは今あるお金のピンチを救うだけでなく、もしもの場合に備えてあると便利な商品です。

カードローンの特徴

カードローンの特徴は、保証人や担保の必要がなくまた必要書類が少なく手続きが簡易化されていることから、通常のローン商品に比べてその申込みから利用までがスピーディーに行えます。

また、実際の利用シーンでもコンビニ等のATMで取引が行える為、ほぼ全国どこでも24時間お金のアレンジが可能です。

カードローンの申し込みの流れ

そこで、このカードローンの申し込みの流れは、各金融機関や業者により詳細は異なりますが、その概要としては申込応募から仮審査そして本審査があり、これらをクリアすれば契約締結に至ります。

これに要する時間は早いものでは申し込んだ当日内にも行えますが、各段階には役割があり、順を追って篩にかける仕組みになっています。

仮審査とは

応募から仮審査の流れでは、通常本人確認資料等必要書類をなくして申込フォームの記載事項のみでそれぞれが設ける基準をもとに判断が行われています。

この仮審査は一般的且つ定型的に行われており、本人についての詳細な確認を行わない為、早いところでは申込んだその場で結果が判明します。そして、これに通過した方が次の本審査へと手続を進められます。

本審査とは

カードローン仮審査から本審査の流れでは、本人確認資料や希望契約額によっては収入証明資料の必要書類を提出して、先の申込時の記載事項と照らし合わせて1つずつ確認作業が行われます。

この審査はそれぞれ独自の基準により個別的且つ具体的に作業が行われ、記載内容の真偽はもとより、契約内容を決定する判断がされる為時間を要する場合もあります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.