カードローンの仮審査は誰でも通過する?

キャッシングベスト3

カードローン仮審査は誰でも通過するのかな?

カードローンを利用したい時って、いきなり審査を受けるよりも、仮審査を受けてから審査を受けた方がいいっていいますよね。仮審査は誰でも通過する感じなんですか?それとも仮審査の時点でふるいにかけられたりするんでしょうか。私の場合、ちょっと審査が不安なので仮審査に受かったら審査に受かる確率は高くなるのかなってちょっと思ったので聞いてみました。

カードローンの仮審査は誰でも通過する訳ではありません

カードローンの仮審査を受けてから審査を受けると安心して審査に臨む事が出来ると言いますね。仮審査は簡単な審査で、ホームページ上などから簡単ないくつかの項目を入力するだけで出来てしまうものなので、仮審査は誰でも通過するものだと思われがちですが、実はまったくそういう訳でもありません。簡単な質問の中でも、きちんと借りられる人、借りるのが難しそうな人などを分けているのです。

審査を受ける時と言うのは常にそうですが、仮審査の場合でも、きちんと本当の事を入力しなければなりません。そうじゃないと、正確な審査が出来ない為です。他社からの借り入れがあるのに、偽って無い事にして審査をうけたりすると、全く意味のない結果が出てしまいます。きちんと自分の状況を入力する事によって、きちんとした結果が出るのが仮審査です。

仮審査に通過したからと言って、100パーセント本審査に通る訳では無いというのも事実です。本審査で落ちる場合もあるという事を肝に銘じておくと良いでしょう。ただし、仮審査を通過したのであれば、本審査に受かる確率はかなり上がるので、多少は安心して審査に臨む事が出来るのではないでしょうか。
(⇒カードローン仮審査の信頼度は?

審査に不安な方の場合でしたら、特に仮審査から受けていくと良いでしょう。

カードローン仮審査は誰でも通過するというわけではない

カードローン仮審査は誰でも通過するといえばそうでは無いです。他社ブラックは本人が申告しなければばれませんが、カードローンを申請した業者のところで金融事故を起こしていれば、社内ブラックとして仮審査で落とされます。社内ブラックは時効は有りませんし、例え全額返済をしていてもブラックのままです。だから全額返済したから大丈夫と思って申し込んでも仮審査の段階で落とされます。

そして社内ブラックはクレーマーにも適用されます。前回仮審査が通っても本審査で落ちて、落ちた理由を聞くだけならいいけど、店頭及び電話で文句を言って業務に支障をきたさせたらブラック扱いになります。本人は悪いことをしているつもりは無くても貸金業者側から、要注意人物扱いされたら、もうブラックです。ブラックになればもう仮審査も通りません。

それでブラックでなくても通らない条件は、書類の不備です。名前はともかく住所や連絡先が書けない人はその場で落とされます。必要事項じゃなくても空白が多いと、これも信用できないとして落とされます。

他社借入れが多いと、収入と比較してこれ以上は返済をすることが出来ないと判断されれば、仮審査中でも落とされます。この場合収入を多く申告すれば大丈夫かといえば、そうではなく、他社借入れが多いと収入証明書の提出を求められます。収入の申告が正しければいいけど、申告した収入が本当でなければ、返済が止まる恐れがあります。それで確実に分かる収入証明書の提出を求めてきます。

それで収入証明書を提出出来なければ、本審査を待たずして落ちます。それで仮審査を収入証明書無しで通ろうと他社借入れを少なく申告しても本審査で落とされますから意味がないです。

仮審査は本審査と違ってただ確認をするだけですから、カードローンの申請をするのに充分な条件を満たしているか確認をしているだけです。しかし条件を満たさなければ仮審査でも落ちます。だからカードローン仮審査は誰でも通過するということは無為です。

【参考ページはこちら】
消費者金融カードローンの仮審査は誰がするの?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.