カードローン仮審査に時間がかかると否決?

お金に困っている時カードローンを利用してみてはと友人からアドバイスをもらいました。カードローンには仮審査と本審査があるということを知りましたが、それぞれどのようなことは審査するのでしょうか。また仮審査に時間がかかると否決の可能性が高いということを聞いたことがあるのですが本当ですか?

仮審査は基本的にあまり時間はかからないと思います

カードローンの利用が初めてだといろいろわからないことがあると思いますが、あまり不安に感じることはないと思います。とくに審査に関しては普通に働いていて収入があれば過去に借金トラブルがない限りは借入できると思います。

カードローンの仮審査とは一般的にホームページから手軽に行うことのできる簡単借入診断のことだと思います。簡単借入診断では年収や生年月日、その他に借入があるかどうかを入力すると即座に借入可能かどうか判断してくれます。稀に回線が込み合っていて診断まで時間がかかることがありますが、これは申込者の情報に問題があるというわけではありません。

仮審査は専用のプログラムを利用して機械的に借入できるかどうか判断できるシステムになっていて人が審査をしているわけではありません。時間がかかる、かからないはネット上の問題なので時間がかかったからといって否決か可決かというのはわかりません。

では本審査ではどのようなことを審査するのでしょうか。本審査ではおもに年収、勤務先、勤続年数、過去の借入歴、その他の借入額などを具体的にチェックします。仮審査で借入が可能と診断されたら申込フォームを送信します。

そこには具体的な勤務先や借入先などを申告します。その上でカードローン会社は申告された内容に嘘がないか確認するのです。

勤務先に関しては電話をして申込者が在籍しているか確認します。その他の借入や過去の借入歴に関しては信用情報をチェックして調べます。個人の金融情報は信用会社に保管されていますので隠すことはできません。これらをチェックして総合的に審査するのが本審査です。

つまり仮審査はあくまでも簡易的に機械によって審査を行うので、申込者をふるいにかけるようなものです。簡易審査により利用者は無駄な申し込みをしないですみますし、カードローン会社も事務手続き等をしなくてすみます。とくにいくつものカードローン会社に申し込むと金銭的にとても困っていると思われるので利用者にとっては不利益となります。あくまでも仮審査は仮審査なので仮審査に通ったからといって本審査に通るとは限りません。

【参考ページはこちら】
カードローンの仮審査は誰でも通過するもの?

カードローン仮審査に時間がかかると否決?なんてことはない

カードローンの利用申し込みをすると、融資審査が行われます。この審査が仮審査と本審査の2段階構成になっていることについては、ご存知の方も多いはずです。仮審査では、ごく基本的な情報だけが審査されます。簡単に言うと、申込者がカードローンを利用できる資格を有しているのかどうかという点、及び融資可能額の概算額を判断するのが仮審査です。

そもそもなぜ審査が2段階に分けられているのかというと、より迅速な融資を可能にするためです。全ての利用申し込みに対し、最初から本格的な審査を行っていたのでは時間がかかって仕方ありません。そこで、まず仮審査を行って、融資できない条件に該当している人を機械的に落としてしまいます。そうすれば、融資できる可能性が高い人にだけ本格的な審査を行えるようになりますので、余計な時間がかかりません。

したがって、仮審査には本審査以上の迅速性が要求されています。仮審査の段階で必要以上に時間をかけてしまうと、審査を2段階構成にしている意味がなくなってしまうためです。そのため、多くのカードローン会社がパソコンを使って仮審査を行っています。簡単な項目を入力するだけで、短時間のうちに審査結果が出されるシステムになっていますので、必要以上に待たされてしまう心配がありません。

しかし、ごく稀に仮審査段階なのにも関わらず時間がかかってしまうことがあります。2段階構成になっている審査システムの趣旨からすると、「カードローン仮審査に時間がかかると否決?」と不安になってしまうのが当然です。しかし、実は必ずしもそうとは言い切れない部分があります。たとえば、利用申し込みが殺到して時間が押してしまっているようなケースがまず考えられます。

また、カードローン業者の審査時間が終了してしまっている場合には、審査が翌日に持ち越されることになりますので、当然待ち時間が長くなります。稀に、仮審査の段階で、個人信用情報機関への照会まで済ませてしまうカードローン業者もありますが、そのような業者のカードローンを申し込んだのであれば、仮審査にかかる時間も長めになります。ですので、時間がかかっているからといって、否決されるとは限りません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.