カードローンの仮審査中に収入証明って?

キャッシングベスト3

カードローンの仮審査中に収入証明を求められる事はありますか

カードローンを利用するつもりでいます。仮審査から受けたいと思ってるんですけど、仮審査中に収入証明を求められる事ってありますか?今すぐ提出して欲しいと言われても、手に入れるのに時間がかかってしまうので。仮審査ってどんな感じなんでしょうか。

カードローン仮審査中に収入証明を求められる事はまず無いです

住宅ローンの仮審査などの時には、収入証明や身分証明や、色々なものの提示を銀行などから求められたりしますね。仮審査は仮審査でも、住宅ローンの時のように、複雑な審査をする訳では無いので、カードローンの仮審査の場合でしたらそこまで複雑な審査は無い所が多いので、基本的に収入証明を求められる事は無いでしょう。

仮審査と言うのは、本当に簡単な審査にしてる所が多く、お金を借りられるかどうかのテストのようなものです。簡単な入力をして、今現在どれ位借りてるかなどを入力するだけで審査の結果がすぐに分かるというものなので、あくまでも仮の審査と言う事になります。仮審査に落ちてしまった場合には、そこのカードローンを利用するのは難しいと言えるでしょう。逆に受かった場合には、借りられる可能性が高いという事が言えるので、本審査に進みやすいのではないでしょうか。

本審査でも、収入証明を求められるのは、消費者金融の場合は50万円以上、銀行系のカードローンの場合は基本的に100万円以上の借り入れの場合です。中には200万円までは収入証明不要の所もあります。

そんな感じなので、あまり収入証明の事は考えなくても良いのではないでしょうか。多めの金額を借りたいのであれば、前もって用意しておくに越した事ありませんね。用意が早ければ早い程即日融資が可能になるでしょう。

カードローンを仮審査中に収入証明を求められる理由

カードローンでキャッシングしようと、ローンの契約を申し込んだとき、仮審査中に収入証明を求められることがあります。

これは総量規制で、貸金業者が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付を行う場合と、他の貸金業者の貸付との合計が100万円を超える場合に、規制の範囲内に貸付が収まるか確認する為です。確認して収入の3部の1に収まれば融資は大丈夫で、収まらないなら、そこで審査が終わり、審査が通らなかったことになります。

総量規制は多重債務を防止する為に、作られましたから、貸出額の合計に厳しく、貸金業者も規制を守らないと処罰を受けるので、事前にチェックしています。それで収入証明書を提出できない場合は審査が通らなくなるので注意が必要です。

だから収入証明書を提出できる人は速やかに提出することです。ただ提出しても別の理由で審査が通らないこともありますので、収入証明書を提出すれば審査が通ると思わないことです。

収入証明書を提出できない場合は、借入れ希望額を低くして申し込みましょう。50万円を超えなければ収入証明を求められないし、審査もゆるくなります。ただ審査がゆるくなっても指定情報機関にブラックとして登録されていたら審査が通りません。

増額申請の仮審査でも収入証明を求められることがあります。これは上記と同じ理由で、確認をしています。ただ他にも貸金業者が、返済能力を確認する為に求めていますから、これも提出出来なければ審査が通らなくなります。

そして貸金業者は定期的に利用残高を確認していて、他社との貸付残高が年収の3分の1を超えたと判断すれば、新規借入れの停止と総貸付額が年収の3分の1に収まるように、返済を求めてくることがあります。だから収入証明を提出する時は、借入額が年収の3分の1を超えていないか確認する必要があります。

仮審査中に収入証明を求められるのはどこも同じです。だからカードローンの審査が甘い所は収入証明を求められないとのデマを信じないで、どこに申し込もうが、必要あればすぐに提出できるように準備をしておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.