融資の仮審査と本審査で結果に違いはある?

キャッシングベスト3

仮審査と本審査での結果の違いはカードローンにもあるの?

カードローンの審査って仮審査と本審査の二段階に分かれているんですよね?それぞれで別々の審査を受けているようなものだと思っているのですが、それで聞きたい事があります。

このカードローンの仮審査と本審査での結果の違いというのはあるのでしょうか?例えば仮審査では通ったのに本審査で落ちたり、その逆ですとか…同じ会社が審査しているので仮とは言っても本審査で結果が変わるとなると、何だかちぐはぐというか、それならそもそも一つの審査にまとめてくれた方がこちらにとっては分かりやすいというか…仮審査に通った事が分かってぬか喜びになりそうで怖いです。

実際、二つの審査結果で違いが出る事はありますか?カードローン審査以外の融資ではあるみたいですが、カードローンでもそうなのか教えて欲しいです。

仮と本審査結果に違いが出る事は無いわけではないです

逆に考えてみて下さい。もしも仮審査で出た結果が必ずしも本審査と同じになるとしたら、そもそも仮と本の概念が必要無くなります。ゆえに答えは出たも同然でして、仮審査と本審査でその審査結果が異なるというのは、カードローンではおかしい事では無いのです。

特に仮審査で通過した人が本審査で落ちるという事は、珍しいというほどでもありません。最近のカードローン審査は効率化の為に、仮審査はほぼ機械で処理されていると言われています。その処理は早い上に正確さも進化しており、仮審査で通過できる場合は『とりあえず融資は可能』という風に判断されているので、本審査で落ちる事はたしかに少ないです。

ただ、本審査で落ちる要因としては、仮審査に虚偽記載が見つかった場合などでしょう。仮審査ではあくまでもこちらが記入した内容をチェックするわけですが、その後の本審査ではきっちりと人の目でチェックしています。その上で間違いなどが見つかれば、当然本審査の結果に影響するわけですから、仮審査通過で浮かれてはいけません。電話による在籍確認は主に本審査で行われますが、これは金融業者によってタイミングが異なります。

また、仮審査に落ちたのに本審査に通るというケースは、ほぼあり得ません。仮審査に通過できた人が本審査を受けられるという特性上、仮審査がダメで本審査でOKとはなりません。仮審査に落ちた人もいちいち本審査で見るようなら、それこそまた矛盾が生まれてしまいますよね?参考になれば幸いです。

【参考ページはこちら】
仮審査は誰でも通過できるものなの?

即日融資対応の仮審査本審査違いカードローン

最近では即日融資も可能なカードローンですが、仮審査本審査違いカードローンを紹介します。金融機関によっても異なりますが、カードローン申込時に初めは仮審査というものがあります。

この仮審査はあなたの属性や就労状況を確認して、金融会社独自の信用情報機関にアクセスしあなたの信用情報から審査をしていきます。この仮審査にかかる時間はほとんどかかることはありません。なぜなら金融会社と信用情報機関とはオンラインでの情報をやりとりしているので、あなたの情報一瞬にして分かります。仮審査はこの信用情報だけで判断していることになります。

そして、仮審査にパスすることができれば本審査に移行します。本審査ではあなたの勤務先などの在籍確認を行っていきます。勤務先に電話したり自宅にい電話したりしてあなたの在籍確認を行うわけです。最終的に属性・勤務形態・年収・信用情報などを総合的に判断して融資可能かを決めていきます。融資審査にパスできれば、最終的にあなたがいくら借り入れすることができるかの、融資限度額が確定されることになります。

カードローンには銀行系や信販系。消費者金融系があります。これらのカードローン会社での審査基準はまったく異なるものなので、仮審査と本審査の流れは違うかもしれませんが、ほとんどがこのような方法で審査していきます。

もしあなたが信用情報に不安を抱えているようであれば、いきなり申し込みを行うのではなく、フリーダイヤルなどを活用し事前に相談をすることをお薦めします。そうすることによって時間をムダにすることなく、スムーズにお金の借り入れができるかもしれません。

ここで一番やってはいけないことは、信用情報に不安があるからということで、同時に複数のキャッシングや金融会社に申し込みを行うことです。これは審査時のマイナスポイントでしかありませんカードローン会社に申し込みをしたいのであれば、まずは1社を決め打ちして申し込みをしていきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.