カードローンを借りれる年齢を比較して

キャッシングベスト3

カードローンを借りれる年齢を比較してくれませんか?

カードローンを借りれる年齢を比較して欲しいです。というのも、カードローンって、常識的な年齢制限が存在していると思いますが、その年齢制限って幾つぐらいなのでしょうか?

大体、20歳~65歳としている所が多いわね

まず、ローンに限らず、金融商品と呼ばれるものには同じような傾向があるわね。というのも、「未成年者は基本的に販売しない」と言う事。金融商品には、メリットも数多いけれども、デメリットもあるわ。ローン商品はとても便利だけれども、同時に、返済する事が不可能になるというリスクもはらんでいるっていう事。

そして、この危険性が認識できるのが成人している人だと判断されるわけ。民法で決められているのだけれども、「未成年者が行った行為については、取り消せる」ってされているわけ。だから、20歳以上でないとカードローンを申し込む事が出来ないとしている業者が一般的ね。

では、成人していれば誰でもカードローンを申し込むことが出来るのかって言われると、そうじゃないと言い切れるわ。これは、規制されているわけじゃないんだけれども、大体65歳未満まで契約できるとしているわ。また、最終返済日において、70歳以下であることが条件となっている所が一般的よ。
(⇒80歳でもカードローンを利用することはできる?

70歳くらいまでは、仕事さえ選ばなければ年金以外の収入を得ることが出来るだろうという消費者金融の判断だとは思うけれども、この年齢制限という条件さえ満たせば特別な制約はないと言えるわね。

【参考ページはこちら】
カードローンで気になることがあったらQ&Aをチェック!

カードローン年齢比較してわかることは何か

カードローンの申し込みの場合、年齢は関係するかどうかについて説明します。カードローンに申し込みが可能な最低年齢は20歳です。これは、日本は成人が20歳なので保護者の方の監督責任が問われない年齢と考えると妥当です。

反対に上限年齢はいくつかとうと金融機関によってバラバラです。しかし、平均として銀行系のカードローンは満64~65歳、一般消費者金融は満69歳、ネット銀行は60歳か65歳に設定されています。65歳前後の設定が多いのはやはり定年があるからと考えられます。
(⇒カードローンは何歳まで借りられるの?

カードローンに申し込みを行う場合は、安定した収入が絶対条件です。なので収入が無くなる年齢になると契約が出来なくなります。そのことを考えるとやはり65歳前後がラインになります。シニアローンなどもありますが一般的なカードローンは65歳前後で融資は不可の判定になるので定年後に利用を考えている場合は調べてから利用する方がいいです。

では、カードローンに借りやすい年齢などはあるのかという疑問になると思います。元々、カードローンは20代から30代の方向けに設定されています。一番、稼ぎ時の年齢なので収入の面でも問題がないからです。

しかし、20歳すぎてすぐに信用があるかと言うとまだ実績もないので信用度は低いです。一番、信用度の高い年齢は25歳から35歳と言えます。なので、融資額が高めに設定してもらえる場合も多いです。

40代や50歳代の方が信用度高いのでは?と思うと思いますが、確かに収入面では30代よりも安定している方が多いと思います。しかし、反対に消費者金融や銀行から借りなくてはいけない理由はどこにあるのか、生活が安定していないのではないかという判断が下されます。その為、20代30代の方よりも少しカードローンが組みづらくなります。

20代30代が組みやすいと言いましたが安定している収入があるかどうかが最重要なので20歳の学生の場合は、申し込みの際に保護者の同意などが無ければカードローンが組めない場合もあります。

このようにカードローン年齢比較を行うと適齢がわかります。銀行系は審査条件が厳しいと言われていますが消費者金融は門戸が広いので心配な場合は消費者金融の審査と銀行系審査の両方を受けるといいです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.