開業資金をカードローンで補う欠点は?

キャッシングベスト3

開業資金をカードローンで補うとデメリットはありますか?

自分だけの店を作る為に、今は開業資金調達方法について勉強しています。こぢんまりした店なので大きな銀行と契約してというわけでは無く、自分が貯めていたお金も合わせて最低限の融資さえ受けられれば十分だと思います。

そうなると、大げさなローンとかよりもカードローンを使う方が、後からまた借りる時も楽で良さそうですよね。カードローンでも法人向けと呼ばれているカードローンならこうした自営業にも使っていけるらしいので、本当に使い勝手は良好だと思います。他にも利点が多くて文句も無さそう…と思っていたのですが、本当にデメリットは無いですか?

小さいと言っても自営なので、慎重に事を進めるつもりです。開業資金をカードローンで補う事に何か問題はあるのでしょうか?

他の方法に比べて小規模な融資である事に注意です

通常のカードローンだと事業用途には使えないけど、法人向けとされているカードローンなら、こうした資金用にも使っていく事ができるね。開業資金もこれで補えると想定すれば、カードローンの方が長く考えれば助けになる局面は多いだろう。特に自営業だと急に必要になる事も多々あるだろう。
(⇒事業者でもカードローンは借りられる?

ここまでで見ればメリットは多いけど、確かにデメリットも無いわけじゃない。法人向けのカードローンは個人向けのカードローンの完全上位互換では無く、そうなるとなにがしらの欠点があってもおかしくは無い。特に他の資金調達方法…銀行融資などに比べて何が問題か、そこにちょっと向き合ってみようか。

まず、金利については気になるだろう。カードローンというのはいつでも借りられるという利便性の代償に、金利は他の融資方法よりも高くなっている。個人向けのカードローンに比べてもカードによっては高い場合もあり、それで多額の開業資金などを捻出しようものなら金利の支払いだけでも大変だ。あくまでも足りない時の補助というのならともかく、これ一枚で借りすぎると事業の利益にまで多大な影響があるだろう。

次の問題としては、借りられる限界も時には問題になる。例えば日本政策金融公庫などで借りる場合に比べて、最大で借りられる金額が少なめになっていることが多いだろう。これもカードローンゆえの特徴なので仕方が無いけど、金利が高めという事も相まってなかなか多額の融資を活用するとはいきにくい。あくまでもカードローンは補助用、というのを分からされるだろう。

ただ、今回のキミの場合はそこまで大金が必要というわけじゃないらしいから、逆にカードローンが良い場合もある。借りる前にはしっかりと、開業資金として相談していくべきだね。

【参考ページはこちら】
カードローンを利用したい個人事業者・自営業者の方にオススメ

開業カードローンデメリットがあるかについて

開業カードローンデメリットを気にして契約をしない方が多いようです。開業カードローンは事業用ローンとして自由に使えるカードローンです。開業時は金融機関や公的な借り入れができない場合も多いので、自由に使える事業ローンは貴重な資金源なのですが、借りてしまうと他の金融機関から借り入れをする際に不利だと勘違いしている方が多いようです。

開業ローンでも他のローンでも借り入れに差はありません。問題となるのは借り入れ金額です。開業ローンの場合は一括で借り入れを起こす場合と随時必要な時に借入限度額まで借りることができる契約がありますが、どちらの場合でも借り入れをしても返済が滞っていなければ他の事業ローンを借りる際に不利になることは少ないようです。

開業ローンを組んだから後で事業ローンを組めなかったという方がいますが、それは開業ローンがだめなのではなく事業に見合うローンがくめなかったということです。借り入れはあくまでも対象となる方や事業の収入と借り入れ状況によって審査されます。そのため、後で事業用ローンを組むから今は組まないことと、今組んで、あとで組まないということは同一です。

また、事業ローンの場合は、借り入れと完済が実績として残ります。借りて返す、このことが実績となりますが、特に事業ローンの場合、法律での借り入れ制限を受けない場合も多いので、実績がとても重要な審査項目になるようです。開業ローンといえども、実績ですから、借りて事業に有効に使い、事業を盛り立てて完済もしくは定期返済を行えば契約しても問題ありません。

事業ローンや開業ローンなどは借入限度額が設定されて自由に繰り上げ返済も可能です。しかも、完済しても契約はなくなりません。銀行からの融資と違い、契約は更新され続けることが多いので自由に使える事業資金として活用していき、事業をもり立てればさらに大きな事業をする際に借り入れは起こしやすくなります。
(⇒自営業者はカードローンを持つべきではない?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.