カードローン借り換えのデメリットとは?

キャッシングベスト3

カードローンの借り換えにはデメリットもあるのでしょうか?

カードローンの借り換えを今検討している者です。消費者金融のカードローンを持っていまして、やっぱり金利がちょっと高いと最近気になってきましたので、それを何とか変えたいと思ったので次は銀行カードローンを作って、それに借り換えるつもりなのです。

カードローンの借り換えについては有名な金融業者ならほぼ宣伝しているくらいに、良いことばかりを記載していますよね。メリットが多いのならするべきでしょうし、それで完全にデメリットが無いのなら尚更借り換えの実行をすべきだと思いますが…本当にデメリットは無いのでしょうか?

借り換えには良い評判しか聞きませんので、逆に気になっています。カードローン借り換えは本当にメリットばかりで、デメリットが無いのかを教えて下さい。

気をつけて使えばデメリットは無いですね

借り換えは使い方次第では全くデメリット無く実行できるっす…と書くとさすがに説明不足っすよね。使い方によってはという補足はあるっすけど、基本的にはメリットが多い事が多いっす。特にきちんとした担当の人と相談して借り換えが実行できるのが理想的っすから、借り換えにも使って良いか最初は聞いてみてから実行するのが良いかもしれないっすね。

借り換えにメリットが生じるケースとしては、やっぱり『今使っているカードローンよりも低金利な場合』っすね。今使っているカードローンの残り返済残高を、新しく作った低金利なカードローンで借りた分を完済してからそちらに支払い始めれば、当然返済総額は安くなるっすよね?今よりも安い金利になって損をする事なんてほぼ無いっすから、次のカードローンは本当に今よりも低金利か?という一点に注目しながら進めるのが基本っすよね。

それでデメリットについてなんすけど、当然間違って高い金利のカードローンに借り換えちゃえば、逆効果になるっす。借り換えを検討している人が金利を見ないなんてまず無い…と言いたいところっすけど、世の中何があるか分からないっす。そういう意味では、自分に言い聞かせるつもりでこの点については注意して欲しいっす。

あと、目先の金利にも注意するべきっすね。借換先の金利が0ならもちろん最高っすけど、ずっと完済まで0金利というのはあり得ないっすからね。金利が0の金融業者は一定期間のみって事になっているっすから、その一定期間だけを見て借り換えて、0金利終了後の金利が高い場合は逆に高く付く事になるっすよ。

借り換えのデメリットって大抵は自分の判断ミスから来るものばかりだから、よーく借換先を見てから作れば大丈夫っす。

【参考ページはこちら】
カードローンを使う上でのリスクとメリットを教えて!

カードローンでの借り換えデメリットはない

カードローンでの借り換えデメリットはないと言えます。そもそも、借り換えをすることによって、お金を借りている債務者の借金の負担が軽減するのは間違いないからです。借り換えと言うのは、現在抱えている債務の状態をよくするために行うものですので、債務者にデメリットを植え付けるものではありません。借金の返済をしやすくできますので、債務者にとってはメリットしか存在しないのです。

では、なぜ借り換えによって借金の負担が軽減するのでしょうか。それは、現状抱えている債務の金利を小さくすることが出来るからです。お金を借りていることに関して債務者の負担として大きくのしかかるのは、間違いなく借りているお金に設定されている金利なのです。元金そのものを無利息で借りていればそのお金を返済すれば良いだけですので、何の負担も債務者にはかかりません。

カードローンによって生まれる利息は、金利の範囲によって大きく異なります。カードローンでお金を借りるときでも法律上で当然金利の上限が存在するのですが、この上限は金融業者によって異なるわけです。法律で決められている上限ギリギリまで利息を請求するか、それともサービスとして金利を引き下げるかはそれぞれの金融業者の判断に依存します。

そのため、金融業者によって金利ギリギリまで利息を請求してくる業者も存在するのです。金利の負担はそのまま債務者に対して直撃しますので、金利が高い債務では借金の返済に時間がかかってしまいます。そこで、借り換えを行うことによって金利の負担を軽減させ、借金を従来よりも返済しやすくすることが考えられたのです。
(⇒カードローン返済の一本化にもメリットはある?

このように、借り換えは債務者の負担を減らすために存在しているものです。借り換えの代表として提供されているおまとめローンでは融資の上限額も大きくなっており、他社から多くのお金を借りていても借り換えによってその分を補うことが出来るようになっています。借金の返済に困っているときには重宝するサービスなのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.