初めて使おうと思っていますが、カードローンのデメリットは?

これから初めてカードローンを使おうと思っています。その理由はずっと欲しかったブランド物のバッグが欲しいからなんです。社会人になって3年目、貯金もある程度できましたが、欲しいバッグにもう少し届きません。でも、頑張って来たんだから、自分へのご褒美のつもりで買ってしまおうと思っているんです。カードローンってすごく便利で、すぐに借りられるし助かりますよね。

でも、安全に使いたいので、使う前にデメリットがあるのなら知っておきたいんです。カードローンのデメリットってどんなことなんでしょうか。

何度でも借りられる手軽さに慣れ、つい使ってしまうことです

カードローンは、上手に使いこなすことができたらすごく便利なものなのよね。お金に困った時に借り入れをしてもすぐ返せば利息は少なくて済むし、早いところだとその日のうちにお金を借りることができるから急な時でも間に合うし。でも、その便利さに慣れてしまうと、お金を借りているという感覚が薄くなってしまうことがデメリットね。

カードローンがほかのローンと大きく違うところは、利用限度額の範囲内だったら何度でも追加で借り入れができるということなのよね。他のローンの場合は一度借りたら後は返済するだけなんだけど、カードローンはそうではない。だから、一度カードを作っておけば、借りようと思ったときに手軽にお金を借りることができるのよね。

それがカードローンの良さでもあるんだけど、その良さを上手に使いこなせなければ、次々にお金を借りて結局返済ができなくなってしまうような状況を作ってしまうのよね。それに、カードローンって利用期間が短ければ利息はそれほど気にしなくても使えるんだけど、借入期間が長くなると話は変わって来るわ。利用期間が長くなったり、借入金額が大きくなったりすると、利息の負担も大きくなるものなの。

だから、カードローンはお金が足りない時だけ借り入れをして、お金に余裕ができたらすぐに返済するという使い方をするべきものなの。そういう使い方をしていたら、問題が起きることは無いはずのものなのよ。だから、あなたのようにカードローンのデメリットについても知っておいて、上手に使おうとしている限りは、カードローンは問題なく使えるものなのよ。

ただし、今後住宅ローンとかカーローンとか、金額の大きいローンを組む予定があるのなら、カードローンは解約しておいた方がいいと言われているの。そういうローンってすごく審査が厳しいのよね。だから、その場合はカードローンのカードを持っているということ自体がデメリットとなる可能性があるわ。

でも、自分でそういう大きな金額のローンを組まないのなら、使い方にさえ注意すればカードローンのカードを持っていることで何か困ることが起こるようなことは無いのよ。

【参考ページはこちら】
銀行カードローンにお世話になるメリットとは

カードローンのデメリットに関する基礎知識

カードローンは非常に優れた金融商品であり、現在契約がしやすい借り入れ方法としてはトップクラスの利便性があります。借り入れ契約の際に通常必要となる保証人を立てるなどの必要性がなく、金融機関が指定する保証会社の保証があれば即日融資も可能となるケースもあるほどに契約がしやすいという特徴がこのカードローンにはあるのです。

しかしそんなカードローンにもデメリットが全くないわけではありません。カードローンのデメリットとしてはその仕組みと金利の高さをしっかりと理解しておかないとかなり高い利息を払い続けてしまうことになるという事実をしっかりと理解しておく必要があるのです。

カードローン契約はこれまでに信用情報に傷が付くようなことさえなければ基本的には契約が通ります。その場合には数十万程度の少額を簡単にATMから引き出すことが出来ます。契約にもよりますが、この金額に対して年7~15%程度の金利が日割りで付くことになります。

そのため大きな金額を借りたままにしていると返済しなければならない利息がどんどん膨らむという恐れがあるのです。しかしカードローンの返済方法は一般的に毎月定額での返済という設定になっていることが多いのです。これは返す側にとっては楽ですが、借入期間が長くなるというデメリットがあるのです。

大きな金額を長期間借りたままにしていると、その分利息を支払わなくてはなりません。この様な払い方をクレジットカード会社ではリボ払いと呼びますが、金融機関としては長期間貸し出したままの状態で残っている方が沢山の利息が付くため有利になるのです。

カードローンを利用する場合は借り入れた元本を可能な限り早い段階で全額返済する必要があります。そうでなければ借入残高に対してどんどん利息が付いてしまうのです。これは銀行の普通預金にお金を預けた場合の100倍以上であり、如何に高い利息であるかが分かります。その辺りを十分に理解しておかないとリスクになるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.