銀行カードローンのメリットとリスクとは

キャッシングベスト3

銀行カードローンを使う上でのリスクとメリットが知りたいです

銀行カードローンを使う上でのリスクとメリットを教えてくれませんか?

銀行に良く行く事があるので、その流れで銀行員の人からカードローンをオススメされました。別にすぐに借りたいというわけでは無かったのですが、熱心に勧められたのでこちらとしても少しその気になってしまい、まあ一枚くらいは…と今考えています。熱心に勧められたのですが、その時は多少話半分でしたので、辺に利点ばかり強調されていたなあ、としか思えませんでした。

まあオススメ商品を勧めるのに悪いところなんて言わないと思いますが、さすがにメリットだけという事は無いですよね?リスクについても知っておかないと何となく持つには文字通りリスクが大きくなってしまいますので、きちんと把握した上で決めたいです。メリットとリスク、双方のご開設を何卒よろしくお願いいたします。

リスクもありますがメリットの方が多いと思えます

銀行カードローンは、質問者さんみたいに勧められてから持つという人が多いですね。銀行員の方もノルマというのがあるようで、口座開設なども含めて推奨している事が多い模様です。ただ、お金を借りられるカードである以上、確かに何となく持つというのはリスクが高いでしょう。なので、お望みだったメリットとリスクについてお聞かせしたいと思います。

まずメリットですが、銀行なので確実に低金利でしょうね。最悪10万くらいしか借りられないと一番高い金利が付与されるのですが、その時の金利が消費者金融に比べてかなり低いのです。消費者金融も良いところはありますが、少額融資では銀行に軍配が上がると私は思いますね。

さらに、銀行は総量規制という収入による融資の限界がありません。だから銀行がOKさえすれば収入に関わらない融資が受けられますので、信用次第で収入以上にかなり借りる事ができます。特に普段使われている銀行との事で、預金額によってはかなり有利な審査を受ける事が出来るでしょう。

そしてリスクに関してですが、今後同じ銀行系の融資を受ける際にはすでに銀行カードローンを所持しているという事で、多少不利になる可能性があります。お金を借りられる状態でさらに借りる為の審査を受けるのは、融資側としては好ましいとは思いません。借りすぎる事を警戒するとでも言うべきでしょうか?

後は…カードで非常に借りやすい為に、使いすぎの心配があるくらいですね。これに関しては完全に自制心がものを言いますが、もしも無駄使いをしやすいという自覚がありましたら、あまりカードを作るのはオススメ出来ません。必要な時に必要な分だけ、待ち時間無しで借りられるのが利点である都合上、無駄使いはしないに越した事はないのです。

以上のメリットとリスクを比較すれば、リスクに関しては無駄使いをしないようにすれば、かなりメリットが上回ると私は考えます。いつでもお金を借りられるようになる、というカードローン共通の強みもありますので、とりあえず作るという動機でも役立つのは嬉しいところです。

【参考ページはこちら】
カードローンを利用する前にオススメQ&A

銀行カードローンリスクとメリットを知りたい!

銀行カードローンリスクとメリットはしっかりと抑えておきたいものです。どの金融会社でお金を借りるにしても必ず返済におけるリスクは存在します。

ここで重要になることは、自分が融資を受ける会社が安全かどうかです。この点を考えますと、銀行と言うのは非常に安全性が高く、様々なタイプの金融会社の中でも信頼性は最も高いと言えます。そのため、安全で健全に融資を受けることが出来る唯一の会社と言えるので、リスクは低いと言えます。

しかし、安全だからと言って返済トラブルが起きないわけではありません。やはり最終的には自分でしっかりと返済計画を立て、返済に遅れずに完済を目指すことが最も重要なので、リスクを考えるならしっかりと返済計画を考えることが大切になります。

次にメリットについて紹介しておきますと、銀行カードローンのメリットの特徴はやはり金利にあります。カードローンは実質年率で金利が表示されていますが、消費者金融と銀行のカードローン金利を比較して見てもやはり銀行の方が低金利が目立っています。

カードローン金利比較を行うときは10%~20%のような表記において、下限の10%と上限の20%に注目することになります。銀行の低金利の特徴は下限も上限も低金利になっている銀行があることです。

消費者金融など他の形態の金融会社では下限値の金利は低い設定になっていも上限は平均的、又は高い金利になっていることが多いです。つまり、上限金利とは少額限度額に適用されるので、小口融資を受けたい人でも銀行カードローンなら低金利を活用できるという大きなメリットがあります。

また、銀行カードローンは収入証明不要で申し込めるので、無職でも専業主婦でも返済能力が低い人でも低金利を利用できるという大きなメリットがあります。

上記の銀行カードローンリスクとメリットはしっかりと抑えておき、自分にとって好ましい銀行を探して申し込みをしてみると良いです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.