カードローンを利用する利点みたいなのってどんな感じですか

私の周りでカードローンを利用してる人って多いみたいなんですけど、なんとなくカードローンには少し抵抗があった私です。カードローンを利用する利点みたいなのってどんな感じなんでしょうか。メリットとデメリットを両方とも教えて貰えると嬉しいです。

カードローンを利用する利点はいざと言う時に頼りになる事です

カードローンを利用されてる方は、最近かなり多いようですね。ちょっと前までのダークなイメージが一新されて、誰もが利用しやすいイメージになってきたのも一つの要因でしょう。そんなカードローンですが、周りに使ってる方が多いという事ですが、一番の利点は、ちょっと困った時に気軽に利用できるという点なのでは無いでしょうか。

困ったけど、給料日まで小銭だけで過ごすという事も出来なくはないけど、もう少し暮らしに潤いが欲しい。支払が多すぎて今月ピンチかも。なんていう時に、気軽に利用する事が出来ます。また急な支払にも対応出来て、お金に困ってる人なんていうレッテルを貼られてしまうのも避ける事が出来ます。

かなり暮らしに困ってる時に、生活を立て直す為にカードローンを利用するという事も可能です。この場合には、きちんと返済出来る金額を考えて借りていかないといけませんが、いずれにしても困った状況の時に、助けになるのがカードローンと言う事になります。

デメリットは、金利が付いてしまうという事で、返済額が借りた金額より多くなってしまう事でしょうか。また、毎月支払いをしないといけませんので、毎月の支払もちょっと面倒だったりするのもデメリットと言えるでしょう。

ただし、今の状況を打破する為に借りるので、結果的にメリットの方が多いのではないでしょうか。計画的に利用する事によって、上手にカードローンを利用する事が出来るのではないでしょうか。
(⇒カードローンを利用するメリットとデメリットについてもっと詳しく

個人向けの無担保カードローン利点と注意点

銀行や消費者金融等が個人向けに提供している無担保カードローンは、運転免許証や健康保険証等の身分証明書一点だけで審査に申し込む事が出来ます。

不動産や自動車等の担保を必要とする商品と比較すると金利が高く設定されている事が注意点ですが、審査の難易度が低く時間も短いのが無担保カードローン利点です。すぐにお金を借りたい時には、非常に便利な内容となっています。

無担保カードローンは個人の消費を目的とした商品であり、事業性資金としての利用以外であれば自由に使用する事が出来ます。飲食や買い物といった遊興費としての利用も認められており、様々な場面でお金が不足した時に頼りになる存在です。

申し込み条件は商品ごとに細かい部分での違いはありますが、20歳以上で安定した収入を得ている人というのが一般的です。アルバイトや派遣社員も安定した収入を得ている人に含まれるので、これらで収入を得ている学生や主婦でも利用する事が出来ます。(こちらもご参考に→学生がカードローンを利用できるところってある?

無担保という事で、融資額は少額からのスタートとなるのが大半です。返済が出来なくなった場合の保障がないからであり、利用している中で信用を高める事により融資額を増額させていくという流れです。信用を高めるための具体的な方法は、毎月の返済を遅れずに継続するという事です。

逆に返済に遅れた場合は遅延という行為とみなされ、デメリットが生じます。複数回遅延した場合には、業者の多くが加盟している信用情報機関に事故情報として記録されています。

信用情報機関の情報は業者は共有しているので、事故情報が記録されている間は新規借り入れが出来なくなります。逆に、返済を遅れずに継続させた場合にはメリットを獲得する事が出来ます。個人向けの無担保カードローンは利息制限法に基づいた金利が設定されているのですが、利息制限法は元本により上限が変動します。

元本が大きいほど上限金利が低くなるという仕組みなので、無担保カードローンの金利も利用額が大きくなるほど金利は低くなっていきます。つまり、利用額を増額させると返済が楽になるという事です。

【参考ページはこちら】
銀行カードローンを使う上でのメリットとリスク

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.