銀行のカードローンを使うメリットは?

キャッシングベスト3

銀行のカードローンにお世話になるメリットは?

カードローンっていうものが普及してかなりたちます。最近は、銀行の行うカードローンというのがかなり伸びているように思います。どうして、銀行系のカードローンは激しくCMを打っていることからも分かるように、シェアを拡大しているのでしょうか?それだけの魅力があるのだろうと、推測してやまないのですが、どこにそんな魅力があるのでしょうか?

まず、金利の安さと手軽さがカギとなっているわね

もともと、カードローンっていうのは、消費者金融の商品だったのね。そのころ、銀行でお金を借りようとすると、担保や保証人が必要な、堅苦しいものしかなかったのね。そこで、銀行で借りたお金を、もっと高い金利で、担保や保証人がなくても、貸し付けるっていう商売を始めた人がいたわけ。これが、今でいう消費者金融のおこりよ。

担保や保証人なしで借りることが出来るというのが利点となって、消費者金融はシェアを伸ばしていくわ。でも、面白くないのが銀行だったわけ。このようなシェア拡大を黙って指を銜えて見ている、なんていうわけにはいかなかったっていう所ね。だから、銀行も似た商品を作ろうと考えたわけ。

では、銀行のカードローンには、どのような利点があるのかっていうと、まず、金利が低めなことね。消費者金融の場合、銀行からお金を借りて、それに上乗せした金利分が利益になるから、どうしても金利が高めになってしまうわけ。(こちらもご参考に→カードローンを使わないと金利高くなる?

最近は、銀行の子会社になっていたり、一部門に組み込まれてしまっている消費者金融も多いわね。何故だと思う?それは、銀行は担保や保証人なしで、その人を信用するっていう事のノウハウがなかったから、その辺の業務を消費者金融に投げているわけ。だから、潰れちゃ困る会社なわけよ。

【参考ページはこちら】
カードローンのメリット・デメリットを詳しく教えて!

銀行カードローンを利用するメリットについて

近年、利用者が増えてきているといわれているのが銀行カードローンです。テレビCMや新聞、雑誌などの広告に加え、駅や電車などでの街頭広告などでも見かける機会が増えたと感じている人も多いことでしょう。

一昔前までは、個人が無担保でお金を借りるというと消費者金融やクレジットカードのキャッシングしかありませんでしたが、最近は銀行も個人向けの小口融資に力を入れるようになってきています。

その理由としては、バブル崩壊以降の景気低迷で法人向けの融資が伸び悩んでいることに加え、大企業などを中心に株式市場や社債市場などでの自己調達や内部留保の活用で融資に頼らず設備投資を行う企業が増えてきた点が挙げられます。

そうしたこともあり、個人向けの小口融資であるカードローン分野に、メガバンクを始めとして力を入れ始めてきたという経緯があります。

銀行カードローンのメリットとしては、消費者金融やクレジットカードのキャッシングと同じく、原則として無担保かつ保証人も不要で、迅速な審査により融資が受けられる点が挙げられます。最近では店舗に出向かずとも、インターネット上で申し込みから審査、融資までの手続きがすべて完了するサービスを提供していることも一般的になっています。
(⇒カードローンの申込み方法に関するオススメ記事

また、消費者金融等の貸金業者はいわゆる総量規制といわれる貸付金額を年収の3分の1を上限とする規制の対象となりますが、銀行からの融資はこの規制の対象外となりますので、必要に応じてより多額の融資を受けることも可能となるというメリットがあります。

また、消費者金融などと比べて一般的に金利が低い傾向にあるのも借入側としては大きなメリットとなります。これは、銀行は自らの預金を抱えていますので、消費者金融などのノンバンクと異なり融資用の資金を他社から調達する必要がないため、貸出金利を低く抑えることが可能となっているからです。

貸し出しの金利にあたっては、金額や個人の年収、信用情報などによって幾分異なりますので、利用にあたっては事前にインターネットの比較サイトなどを利用して情報収集しておくとよいでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.