低利率なカードローンの作り方を教えて!

低利率なカードローンの作り方を教えて下さい!

私は非正規雇用で仕事をしているので、どうしてもお金がありません…自分では無駄使いをしていないと思っているし、それなのにちょっとでも出費がかさむとお金が足りなくなるという現状の生活は本当になんとかしたいです。でも安定した雇用なんて今時見つかりませんので、最低でも今の生活を安定させる事が先決なんです…。

それでカードローンを作る事で、急な出費でも慌てないようにしたいのですが、低利率なカードローンはどうやって作ったり探したりしているのでしょうか?私みたいに収入に余裕が無い人間がカードローンを使いこなすには、低利率じゃないととてもじゃないけど返せそうに無いです…だから、低利率で作る方法というのを教えて下さい!どんな方法でも構いません。

低利率こそ長いスパンで見ないと難しいですね

質問内容から察するに、今すぐ低利率なカードローンをお望みのようだけど…残念だけど、低利率なカードローンというのは、なかなか一朝一夕では作れないのよ。

もちろん最初から低利率なカードローンを作れる人も居るのだけど、そういう人は所謂高所得とかそういう人だから、一般庶民の人だと高望みしすぎという事になりかねないわ。カードローンの低利率の基本は『生活に余裕がある人』が手っ取り早いのだから、すぐに低利率を求めない事も大事というわけね。

それで現状から低利率のカードローンを目指すとしたら、まずは金利の上限が低いところでカードローンを作るべきね。金利にも一番高い時と一番低い時が設定されていて、たくさん借りられる人ほど低金利で借りる事ができるのよ。

だから、最初はたくさん借りれないから一番高い金利が設定される事もよくあるのだけど、その分高い時でも安い金利を設定しているところでカードローンを作れば、それで最初は凌げるわね。銀行系のカードローンはこの傾向が強い一枚よ。

そして、カードローンをしっかりと使って遅れずに返済する事ね。これができれば、収入が大きく向上していなくとも限度額を増やしやすく、限度額が増えるとその分金利も下がっていく事になるわ。低利率は最初から目指さずに、まずは作りやすいカードローンを作って、そこから利用していって後から増やす、というのを基本に考えて行けば良いわ。
(⇒カードローンの申込みに関するオススメ記事

大体はこれで何とかなるはずよ。最初から低利率が作れないのは残念かもしれないけど、諦めない人にはきっと良いカードローンが作れるはずだから頑張ってね。

どこの会社であってもカードローンは低利率で借りることが出来る

どこの会社であっても、カードローンでお金を借りるときには低利率で利用することができます。そもそも、カードローンを提供している会社はサラ金業者のような非合法の団体とは全く違います。法定外の利息を請求することは絶対にありえませんし、現在存在している個人の消費者に対してお金を貸す業者は、必ず法律に則ってお金を貸さなくてはいけません。これを勝手な判断で破ることは出来ないのです。

これは、こうした貸金業者がお金を貸す際に設定する利率にも関係しています。何故かと言うと、貸金業者がお金を貸すときにはそれ専用の法律が適用されるからです。利率に関しては利息制限法と言う法律によって貸金業者は限定的に制限されることになりますので、一定以上の利率には絶対にならないようになっています。

では、具体的にどのような利率で設定されているのでしょうか。これは融資の元金を見れば一目瞭然でわかります。利息制限法は、融資の元金に則って利率の範囲が異なるようになっていますので、例えば1万円の融資ならば20%の利率を設定することが出来ますが、これが100万円の融資になると最大でも15%の利率しか設定できないのです。

なぜこのようなことになるのでしょうか。それは、融資の元金が大きくなればなるほど、利率によって生まれる利息の支払いが大きくなるからに他なりません。例えば、1万円の融資と100万円の融資で同じ20%の利率だったとしても、同じ20%の利率であっても負担は100万円の方が大きくなります。同じパーセンテージを設定することが必ずしも公平な融資になるわけではないのです。

このように、カードローンの融資に関しては貸金業者が提供するときに明確な法律的な基準が存在しており、これに則ってサービスを提供しなくてはいけません。現在では、勝手な判断による融資は貸金業者に対して厳格な処置がなされることになっていますので、消費者は非常にお金を借りやすくなっているのです。

【参考ページはこちら】
カードローンを使わない場合は金利が高くなるの?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.