カードローンの借り入れの金利ってどれ位でしょうか

娘が高校生になり、色々とお金がかかります。何かと今時の高校生って、みんなと同じじゃないとダメとか色々あるみたいなんです。母子家庭で娘に不自由な思いはさせたくないので、お金を借りようかと考えてます。カードローンの借り入れの金利はどれ位と思ってればよいのでしょうか?

カードローン借り入れの金利は法律で18%以下と決められてます

カードローン借り入れの金利は、法律で18パーセント以下と決められてる為、それ以下の金利で設定されてる所が多いようです。借りる会社によって、そして借りる金額によっても金利は異なってくるので一概には言えませんが、少ない額を借りる場合の金利は、18パーセント近くで決められてる場合が多いようです。多めの金額を借りる事によって、4パーセント程の金利で借りられたりもしますし、会社によりけりと言わざるを得ません。

金利は低ければ低い程、返済も大変じゃなくなりますし、総返済額も少なくなります。なるべく低い金利で借りられる会社を探してみると良いかもしれません。ステージが変わったりすると、お金のかかり方なども変わって来ますよね。その時をしのぐのにお金を借りるという方法は、賢い方法でしょう。また、落ち着いたら繰り上げ返済などをして借金を早めに返済出来るようにしたりと、色々と方法はあります。

お得に利用したいのであれば、金利が低めの所で借りて、更にATMなどの手数料もかからない所で借りる事をお勧めします。また、返済しやすいという事もポイントです。遠くまで行かないと返済出来ないのであれば、大変なので、簡単に返済しやすい所で借りる事によって、返済も楽になるでしょう。

カードローン借り入れ時に有利な金利設定で借金するには

カードローンの審査に通過してから、ローンやキャッシングを利用する事で現金を用意したり、現金が無い状態でもカードで買い物を行ったり出来るようになります。これは借金を行っている事には変わりない事ですから、借りたお金は金利設定に従い利息をつけて返済する事が必要になりますし、借り入れ時には有利な金利設定で借金を行いたいものです。

なるべく低い金利で借り入れを行えると有利に使える事になりますから、銀行と消費者金融の場合は銀行の方が低金利設定での借り入れが可能になり、有利に借金を行いやすい傾向にあります。ただし、銀行は審査に厳しい傾向があり、慎重に判断される事になりますから、すぐに借金を行いたい場合は、利息は高くなりますが、審査に柔軟に対応してくれる消費者金融を選択するのも良いでしょう。

大手銀行のように信用が高い所は好条件での借り入れが可能になりますが、審査が厳しい傾向にあり、中小業者の方が審査が柔軟で通りやすいという特徴があります、利息負担が大きくなれば返済時に苦しむ事になりますし、計画的な借金では無い場合は返済不能になってしまう事もありえます。借金返済が出来なければ延滞料金を取られる事にもなりますし、他にもデメリットがあります。

返済が出来ずに延滞や滞納をしてしまうと、信用情報に傷がついてしまう事になりますし、それによって他の業者のカードローン審査に申込を行っても通らなくなる事もあります、大きなローンを組みたい時でも返済の履歴が悪い事によって審査に通らなくなったり、借金を契約ルール通りに返済出来ない時には、単純に延滞遅延金で罰則を受けるだけではなく、信用を失う事に繋がります。

ですからそういった信用を失わない為にも、カードローン借り入れの前になるべく利息負担が小さくなるような低金利設定の業者を探す事や、返済時に計画を立ててから借金返済に向かう事で、返済でのトラブルを防ぐ事にも繋がって有利に利用可能になります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.