借りる時に気をつけた方がいいカードローンの罠ってどんなこと?

これからカードローンの申し込みをしようと思ってるんだ。生活費が足りそうになくて、ボーナスまで何とか持たせたいからなんだけど、そういう事情だから、できれば少しでも安いところで借りたいんだよな。金利が低いところを探してると、結構よさそうなところがあるんだが、誰だったか、いい話には罠があると言っていたんだよ。借りる時に気をつけた方がいいカードローンの罠ってどんなことなんだ?

金利の表示方法が会社によってさまざまであることです

あなたのように、金利を基準にカードローンを探す人は多いのよね。お金を借りるということはお金に困っている状態なんだから、少しでも返済金額は少ない方がいいに決まってるもの。だから、それを基準にカードローン会社を選ぶのは一般的な方法ね。それをカードローン会社もわかっているから、より借りやすいと感じてもらえるように金利の表示をしているわけ。

でも、その表示の仕方に問題があることもあるのよ。カードローン会社によってははっきりと○パーセント~△パーセントまでの間で金利を決定しますという風に表示しているところもあるし、○パーセントから融資ができますというような表示をしているところもあるのよね。そういう表示だと、一見金利が低そうに見えるんだけど、実際にはそれ以上の金利での貸し出しもあり得るわけよね。

だから、借り入れをする時には高い金利になる可能性も考えておかなければいけないのよ。特に初めての借り入れの場合には、一番低い金利で借りられることはほとんどないの。信用を重ねたり、高い金額の借り入れをしたりすればそうなる可能性も出てくるんだけど、よほど信用が高くなければ最初から一番低い金利での利用は難しくなっているのよ。

それから、金利はカードローンによっては利用限度額によって分けられているところもあるし、明記されていなくて審査結果によって決められるとされているところもあるの。もし、はっきりと金利が知りたいのなら、金額によって金利が決められているカードローンを利用するとわかりやすいということね。だから、金利の表示方法にはいろいろあるということを知っておいて、下の金利だけを見ていないかを確認しながらカードローンを選ぶ必要があるの。

つまり、全てのカードローン会社がそうではないんだけど、場合によっては表示方法に罠があることもあるということになるわ。

【参考ページはこちら】
カードローン金利に関するオススメ記事

カードローンの罠を逃れるには、まずは自己管理

資金が足りない時、カードローンを利用すれば、非常に便利です。俗的に言えば、カードで借金をすることですが、実際、金融の一部であり、市場にお金を回すということでは、非常に重要なことです。個人では、そこまで考えずに、自分の目的のみで使っている人が多いのでしょうが、金貸しのイメージが強いため、つい引け目を感じてしまうことでしょう。

もっとも、カードローンにも、罠のようなものがあり、それを十分認識した上で利用すれば、大いに活用できます。罠というと、わざと行っているように見えますが、システム的な問題で、そのように感じてしまうことがあります。

たとえば、金利があります。(こちらもご参考に→カードローン金利はどんな感じでつく?)カードローンの場合、固定金利が一般的となっていますが、あまりにも、借りている期間が長いと、結局金利支払のみで、元本分を返済していることがあります。けれども、それでも元本がまったく減らないということがあります。

これは、借りては返し、返しては借りてを繰り返しているからです。通常、カードローンにおいては、限度額が設定され、その間で自由に利用できます。返せば、当然、その分また借りられるようになります。

しかし、返したとしても、そこには、必ず金利が含まれます。したがって、返済額全額が、元本から引かれるわけではありません。この場合の返済額とは、月々の支払となりますが、トータルでみれば、借金の総額以上の返済をしてしまうようになります。

元本がなかなか減らずに、何年も借りていれば、もともと借りた金額よりも、さらに多くのお金が動いていることになります。中には、一生掛かっても、完済できないというケースもあるようです。そうなれば、状況によっては、家族などに迷惑が掛かります。
(⇒家族に内緒で借りられるカードローンはある?

そうならないためにも、できるだけ、返しては借りることをしないようにすべきでしょう。それには、自己管理が大切であり、カードローンを使う上での基本的な重要点でもあります。こういうことを踏まえれば、便利なものを有効活用できる可能性があります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.