カードローンって危ないのですか?

親戚がカードローンで自己破産したと聞いてから、カードローンというものが怖くて仕方がありません。キャッシュカードも作れないほどです。しかしながら、最近はインターネットの普及などにより、キャッシュカードを持っていないと買い物も出来ません。

最近はカードローンのCMを激しくやっているのを目にするにつけて、その甘い宣伝文句に踊らされそうになります。でも、親戚が自己破産した後の状況を見ているので、キャッシュカードを作るという事を迷ってしまいます。ずばり、質問いたします。カードローンって危ないのでしょうか?

使い方を間違えれば、確かに危ないわよね

そこまでカードローンに危機感を持っていれば大丈夫だと思うけど。しかも、カードローンを作る必要性を感じていないわけでしょう?だったら、簡単な話よ。

最近は、カードにキャッシングの機能を付けないことが出来るの。その様子ならばキャッシングの機能はいらないんじゃないかしら?親戚が自己破産したっていう事は、キャッシュカードで簡単にお金が借りれるという状況が問題だと捉えているんだと思うわ。カードでお金を借りるという事、その重さを得たお金位か、それより軽いものだと捉えていたと考えられるわけ。

もし仮に、カードローンにお世話になる時が来たならば、必ず返せると実感できる時になるわね。つまり、返済することまでをセットにして考えて行く必要があるわ。まあ、そんな日はあなたに限っては来ないんじゃないかと思うけど。

【参考ページはこちら】
カードローンは危険?

「カードローン危ない」って本当でしょうか

カードローンは危ないという話も耳にします。カードローンはカードを持っていれば、例えば旅先などで急にお金に困っても、カードを使って簡単にお金を調達することができます。カード発行の際に審査も終わっているので借入手続きも必要ありません。これだけ見ると、便利なことばかりで、悪いところなどどこにもないように感じられます。金利もとても高いわけではありません。

おそらく、危険が叫ばれているのは、その借り入れの手軽さゆえに、無計画に借り入れてしまうこと、あるいは買い物やギャンブルの欲求に負けて、手元にお金さえなけれな使わなかったような使い方をして無意味な借り入れがかさんで、結果的に返済に苦しむ結果になってしまうこと、そういうことを懸念して、危険という言い方がされているのではないかと思います。

しかし、無計画な借り入れをしてはいけないのは、ことカードローンに限った話ではありません。「カードローン危ない」と言うのではなく、考えのない借り入れがダメなのです。カードローンはその手軽さゆえに、無計画な借り入れも含めて借り入れはしやすいのは確かなのですが、そう言ってしまえば、カードローンの持つメリットも否定してしまうことになるのではないでしょうか。
(⇒カードローンを利用する利点とは

むしろカードローンについては、そうした問題を十分認識したうえで、便利な側面だけ上手に利用すればいいと思います。無計画な借り入れさえしなければ、こんな便利なものはないのですから、借りるお金が本当に必要かどうか、そしてきちんと期日内に返済できるか、そこをしっかりと認識して使いさえすれば「カードローン危ない」と言われるような危険はないと思います。

それから、カードローンを使用するときに重要なのは、期日内にきちんと返済するということです。返済することが難しいようでしたらリボルビング払いを使用することもいいと思います。また、そうは言っても金利はかかりますので、余裕があるなら一括償還なども活用して、金利負担を抑えながら、カードローンを上手に使っていってはいかがでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.