レイクのカードローンが急に使えなくなった

キャッシングベスト3

レイクのカードローンが使えなくなったんですが一体どうして!?

レイクなら総量規制も関係ないし安心だと思ってたんですが、急に利用可能額が0円に。何かの手違いだと思って問い合わせてみたんですが、レイク側の判断の結果らしいです・・・

でも何らかの理由がないとこんなことってあり得ないですよね?お金も困るんですが、利用停止になる理由が不明って何だか納得いかないです。

限度額が利用中に減らされるということはあり得ることです

これはレイクに限ったことではないのですが、お金を借りている途中でも、レイクの方で何か問題があると判断された場合、これ以上の借入は出来なくなるというのはあり得る話なんですよ。これには、カードローンの信用によってお金を借りているという特殊な事情が大きく関わっています。

例えば日常でも健康食品の配達などを契約することがありますが、これが業者側の判断で勝手にストップしてしまうなんて、ちょっと考えられませんよね。もしも交通事情などやむを得ない理由で遅配することがあっても、常識として事前に説明と謝罪の連絡が入って当前でしょう。お金を払って契約している以上、こちらはそれに対して抗議することだってできるはずです。

お金を借りることもお金を買っているんだと解釈すれば、業者側の判断で勝手に利用可能額が変わるなんて解せないと感じるのは当然です。しかしやはり借金ということは、通常の買物とは全く違う性質のものなんですね。健康食品の配達の契約時には申込手続きがあったかもしれませんが、カードローンの時のような個人情報の申告は必要ありませんし、本人確認書類も年収証明書も提出する必要はなかったはずです。

お金を貸すことって、よく考えてみると貸す側にとってリスクも大きいですよね。例えば10万円というのはカードローンの借入額としては決して高い部類ではありませんが、この10万円を利息つきで返すという約束だけが、貸し手であるレイクがお金を貸す際に頼りとしている全てなんです。この約束を守れる信用が揺らいだとしたら、もうお金を貸す理由なんてありません。

この信用の揺らぎこそが、借入可能額が0円になってしまった理由なんです。レイクは銀行ですので確かに総量規制とは無関係ですが、それでも無制限にお金を貸す訳にはいきません。他での借入額が一定額以上になれば、お金を返せる約束が守れそうにないと判断されて、利用額を制限することもあり得ます。また他での延滞が目立ってくれば、これも返済能力を疑うには十分な根拠となりますよ。

またレイクの経営上の事情も間接的に影響することだってあります。企業全体として今よりリスクを減らすように社内基準が変わったとすれば、これまで大丈夫だったところが急に厳しくなるということも十分に考えられますよね。このように様々な事情によって、まだあったはずの限度額が減額されてしまうことは、お金を貸す業者にはあり得るということは、どなたにもよく覚えておいて頂きたいことです。

実はこのようなことは、申込時の契約内容にはきちんと掲載されているんですよ。あの全文に目を通す方は少ないと思いますが、これを機会にしっかり読んでおきましょう。これ以外にも「えっ!そうだったの?」なんていう新たな発見があるかもしれませんよ。

【参考ページはこちら】
レイクのカードローンを利用した方にオススメ記事

レイクのカードローンが使えなくなった!その理由とは?

カードローンは非常に便利な存在であり、定期的な安定した収入があり、かつ返済能力がある人であれば多くの人が融資を受けられるようになっています。

特にレイクのような全国規模で事業を行っている金融会社で取り扱われている顧客数は非常に多く、各地域に多くの顧客が存在しています。

昨今では法整備なども進みましたから、うまく利用していくことさえできれば利用に当たって特に問題は無いとされていますが、なかには何らかの理由でトラブルを発生させてしまう人がいます。

中でも困ってしまうトラブルの代表例が「カードローンが使えなくなった」というトラブルです。この理由として考えられるものは幾つかありますが、中でも特に多いのが「返済滞納をしている」ということです。

返済が滞ってしまったがために新規借り入れが出来なくなってしまい、結果として消費者は「この前までは使えていたのに突然使えなくなった」というように感じてしまうこととなるのです。

この状況を改善するには、なによりも返済を終わらせることが重要となります。返済を完了した後でレイクへ相談を持ちかければ、中には利用再開をさせてくれる場合があるでしょう。

とはいえ一度失った信用を取り戻すということは大変なことですし、再開できたとしても限度額の引き下げなどが発生するリスクもありますから、返済滞納意はくれぐれも注意が必要です。

またもう一つの可能性として考えられるのが「自身が多重債務者であった」という場合です。複数の金融機関から借り入れを行っており、その合計金額が一向に減らないというような状況が長く続いてしまうと、それを知ったカードローン会社は「この顧客は不安定かもしれない」と考えるようになります。

そうなってしまうと「これ以上借り入れをさせてしまったら返済してもらえなくなるかもしれない」とカードローン会社は考えますから、結果として新規借り入れに制限をかけるということになってしまうのです。

どちらにせよ、原因として最も大きいのは消費者の「信用」ですから、カードローンを長く利用していきたいというのであれば、なるべく自身の信用に関しては注意を払っておくべきといえるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 «借りやすくて人気爆発中!»審査緩いカードローン会社紹介 All Rights Reserved.